画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ダイハツアトレーワゴン 屋根が日焼けでボロボロ!補修塗装でピカピカ! 佐賀県・小城市・協和自動車

ダイハツアトレーワゴン 屋根が日焼けでボロボロ!補修塗装でピカピカ! 佐賀県・小城市・協和自動車

 アトレーワゴンの屋根塗装

アトレーワゴンが日焼け補修でご入庫です、ありがとうございます。

お気に入りの車で、まだまだ乗り続ける予定なので思い切って修理に踏み切られました。

このタイミングでの再塗装すれば、お車の寿命までキレイでいられる計算です。

非常に賢明な判断ですね。

 塗装の劣化が激しいです

美しいブラウンパープル塗装が酷い事になってます。

少し角度の付く前方は比較的無事なので踏み台に乗らないと分かりませんでした。

微妙な角度の違いでここまで差が出るものですね。

 リアスポイラーも無残な姿です

当然リアスポイラーも酷い状態なので、外して単体塗装します。

ここまで塗装が劣化すると、そのまま上塗りは出来ません。

劣化した塗装の上に塗装してもキレイには仕上がりません。

当然に耐久力もガタ落ちです。

 劣化した塗装を剥ぎます

まずは劣化した塗装を剥がします。

鉄板になるまで、ひたすら地味にサンダーを掛け続けます。

ボンネットなら剥離剤が使えますが、屋根は剥離剤が流れると危険なので使えません。

剥離剤とは塗装を溶かしてしまう劇薬で傷を付けずに塗装を剥がせます。

 下塗り塗装をしました

劣化した塗装を完全に剥がしたら下塗り塗装をします。

その為には一度車全体をマスキングする必要が有るので非常に手間です。

しかしお客様のお車が汚れるのを防ぐ為には必要な作業です。

 下塗り塗装を研ぎ出します

下塗り塗装と塗装を剥いで無い部分の段差を繋げます。

もちろん全体を水研ぎでツルツルにしてますよ。

側面と色合わせをして調色もバッチリです。

これでようやく塗装できます。

 マスキングと塗装をします

この様に塗装面以外を全部隠してしまいます。

缶スプレーとは比較にならない高圧で塗装するので。

思わぬ場所まで塗料ミストが飛び散りますので必要な作業です。

 塗装したクリア層を研ぎます

まず紫色を吹き付け、次に透明塗料を吹き付けてます。

乾燥後に透明塗料を少し研ぐ事で、より鏡面仕上げに近づけます。

その細かい研ぎ傷は電動ポリッシャーで磨き取ります。

これでピカピカボディーになります。

 仕上げチェックで、うーーんピカピカですね

磨き終えたら屋外に出してチェックです。

薄暗い室内では見えなかった磨き残しやオーロラマークのチェックをします。

 洗車をしたら完成です!

当然ですが外装も室内も入庫時よりキレイに掃除をしなければ完成とは言えません。

協和自動車は完成後の掃除の為だけに一名雇ってる程、掃除を重要視してます。

完成後の車の出来が良くても、掃除がイマイチだと非常に残念ですからね。

でも当然ながら、室内クリーニングの仕事以外では掃除に工賃は発生しません。

見方によっては、タダ働きで人件費も大変ですが、協和自動車はこの体制を維持します。


此処だけの話、作業後の掃除の質と修理などの作業の質は比例します。

確かにオイル交換位では大層な掃除は出来なくて当然ですが。

何日か預けて修理した車が汚かったら・・・その工場の作業はその程度のレベルです。      SK

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!