画像

ワゴンR ドア交換とクオーターパネルの修理・佐賀県・小城市・協和自動車

 リアドアからクオーターパネルにダメージです

ワゴンRの側面修理です。

リアドアは変形が大きく交換がベターです。

表面の鉄板が大きく伸びてますので修理は困難です。

無理に修理しても修理代の割りに品質がついてきません。

しかし、クオーターパネルは相当なダメージでも修理の方がマシです。

クオーターパネル交換は車を切り刻む修理になるので、車の為に良くなく最後の手段です。

 新品のリアドアを仮合わせです

新品のドアは写真のような錆止め塗装の状態で供給されます。

ボディー色で塗装済みの新品ドアはこの世に存在しません。

中古ドア以外は必ず塗装が必要です。


新品ドアを組み付けてみてクオーターパネルとの段差を確認します。

新品ドアに合わせてクオーターパネルを修理します。

 大きな変形は二箇所です

クオーターパネルの大きな変形は二箇所ですが。

全体的に押されて逆ブリスターフェンダー状態になってました。

最初に逆ブリスターフェンダー状態を修正してから細かい凹みを修理します。

 板金後パテで整形します

板金修理を終えたらパテで整形します。

新品ドアとの段差が出ないように何度も確認しながらのパテ研ぎです。

邪魔な給油口のふたは外して余分な傷はつけません。

 下塗り塗装をします

パテを研いだら下塗り塗装です。

錆止めと細かい傷を埋める効果があります。

塗装の乗りも良くなるので絶対に省けない工程ですね。

 新品ドアの中塗りをします

新品ドアの内側を塗装する目的で単品塗装をします。

表側は後でも塗装できますが、大まかに色を付けておけば後が楽になります。

 フロントドアもボカシ塗装の為に分解します

フロントドアで調色してますが100パーセント同じ色にはなりません。

なのでフロントドアにグラデーション塗装を施して違和感ゼロを目指します。

 マスキングをします

マスキングにもコツがあります。

写真のようにドアの隙間が埋まってない状態にマスキングします。

隙間を埋めると接触面に塗料が付着してドアの角がガリガリになってしまいます。

なので隙間を開けつつ内側をマスキングして完璧な仕上がりを目指します。

手間のかかるマスキング方法ですが、これが協和自動車クオリティです。

 ブースで塗装中です

ホコリの付着を抑える塗装ブースで塗装します。

屋根の横は梯子に乗って塗装面と垂直にスプレー塗装するのが良い仕上がりのポイントです。

リアドアに予め色を付けているので、スプレー回数が少なく済み仕上がりが良くなります。

特にワゴンRの水色メタリックは染まりの悪い粗目のメタリック分が多いので塗装回数が増えがちです。

塗装は出来るだけ薄く塗装した方が仕上がりが良いのです。

塗装回数が増えると表面の細かい凸凹が深くなりクオリティの低下につながります。

 バッチリ完成です

乾燥後に磨きを入れてから組み付けて完成です。

違和感の無い仕上がりですね。

この後にたまたまリコールが出てたので同時作業致しました。

オイル交換も行い再び絶好調に街を走れる事でしょう。


協和自動車はスズキの代理店でもありますので、スズキ車のリコール作業も出来ます。

このワゴンRにもクランクプーリーボルトとフロントスプリングのリコールが出てました。

協和自動車には沢山の代車がありますので、朝出して夕方バッチリ!終わってますよ。

出来るだけお預かりしてるのは、待合室でお客様を待たせてると焦ってしまうので・・・。

焦った作業にはミスが付き物です。

代車に乗る事に抵抗のあるお客様もいらっしゃいますが、焦らずミスを無くす理由もあります。     

作業ミスを無くす環境を作るのも大切です。       SK

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!