画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★カローラアクシオ前後バンパー交換と側面板金塗装の巻 佐賀県・小城市・協和自動車

カローラアクシオ前後バンパー交換と側面板金塗装の巻 佐賀県・小城市・協和自動車

 あっちも こっちも まとめて直します

カローラアクシオのたまった凹みや傷をまとめて修理します。

フロントバンパー、リアドア、クオーターパネル、リアバンパーなどです。

 ホイールアーチを修正します

最初に、めり込んだクオーターパネルの外周部を修正します。

ダメージの無い右側と見比べながら少しずつスライディングハンマーで引き出します。

一気に引っ張るとクシャクシャになってしまい手間が倍増するので注意が必要です。

 プレスラインを再生します

ホイールアーチが治ったらプレスラインの修理です。

プレスラインが凹んだままですと、その分だけ別の箇所が膨らんでるので修正は必須です。

パテの厚みも減らしたいので極力正確に修理します。

写真は先端をボディーに溶接して凹みを引き出す機械です。

なみなみの針金を溶接してプレスラインを一度に修正できる道具もありますが・・・。

直線のプレスラインには有効ですがアーチ状のプレスラインには向かないので使いません。

ピンポイントで地道に引き出し整形していきます。

この辺は作業者の好みによって作業方法は大きく変化します。

 パテ整形をします

修正後にパテで整形します。

この時点でパリッとしたプレスラインを作ります。

尖ったプレスラインをオリジナルのように程よく丸くする匙加減が難しいです。

この後にもう少しパテ面積は増えていきます。

凹みの大きい場所から少しずつパテ面積を広げるのがコツです。

 塗装準備完了です

下塗りをして更に細かいペーパーを当てて下塗り塗装の段差を無くします。

分解ですが、せめてドアミラーとドアハンドル位は外さないと満足な仕上がりにはなりません。

オールマスキング塗装は正直仕上がりが悪いので協和自動車は行いません。

 ブースで塗装します

このゴールドっぽいシルバーは陰影が強く調色は非常に難しい色です。

正面から見た時と斜めから見た時の色の変化が大きいからです。

フロントドアを大きくグラデーション塗装して違和感を無くします。

 素材丸出しの新品バンパー

新品フロントバンパーは色付き部品がもう無くて素材丸出しでやってきました。

このトヨタの素地バンパーは塗装の密着性がとても悪いので手間がかかります。

軽く足づけしてミッチャクロン塗布レベルでは将来的に軽い衝撃で剥がれます。

協和自動車の工場でも苦い記憶が蘇るトヨタの素地バンパーです。

 下塗り塗装をします

ツルツルの素地を敢えて粗目に傷をつけてから下塗り塗装をします。

カラーサーフェーサーで上色の染まりが良い色を作って下塗りします。

この下塗り塗装を水研ぎで再びツルツルに仕上げれば塗装準備完了です。

 上塗り塗装です

ブースで塗装します。

車本体と同時に塗装出来れば効率が上がりますが。

塗装ミストが車本体に付着する可能性が高まるので単品で塗装します。

 組み上げて完成です

塗装した箇所を磨き組付けたら完成です。

リアバンパーは塗装済み部品が存在したので助かりました、お値段も塗装するより割安です。

今回は修理箇所が多数でしたが同時作業で割安な料金で仕上がりましたよ。

ありがとうございました。


新型カローラも出ましたが個人的にはこの型の方が好みです。

カローラは若返る必要は無いのです、大人のコンパクトカーでいいじゃないですか。

納車時に街中を走っても目立たず誰にも気づかれない感が心地よかったです。

田舎で目立つ車に乗ると「カトシン○○日あそこを走ってたでしょう」と目撃証言がでてしまい嫌です。

目立たず生きるのは日本で賢く生きるコツ?ですからね、自信と実力があれば別ですが・・・。   SK

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!