画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★タント ボディーコーティング実例 クリスタルキーパー施工です。佐賀県・小城市・協和自動車

★タント ボディーコーティング実例 クリスタルキーパー施工です。佐賀県・小城市・協和自動車

 タントの定期ボディーコーティングです

このタントは毎年コーティングをする契約の車です。

クリスタルキーパーが効いてるので程度は抜群ですね!。

クリスタルキーパーは毎年施工する事で相当ボディーの劣化を防げます。

今回もピカピカにしましょう!。

先ずは普通に水洗いでホコリを洗い流します。

 汚れの酷い場所を磨きます

この場合はタイヤから汚れが飛んでくるので汚れ易いです。

黒い点々汚れは流石に水洗いでは落ちないのでクリーナーで磨き取ります。

 ドアハンドル周辺は小傷が付きます

ドアハンドル周辺も爪などで小傷が付くので磨きでキレイにします。

この様な細かい掃除の積み重ねで全体も美しく見える様になります。

 高圧洗浄機で隙間の汚れ取り

高圧洗浄機でホイールアーチ内の汚れを落とします。

隙間の汚れを吹き飛ばす事で黒い筋汚れも防ぎます。

 強力洗剤で古いコーティングを剥がします

超強力洗剤で水垢や古いコーティングを落とします。

化粧品と同じで古いコーティングを落とさないと定着が悪いです。

 カーシャンプーで強力洗剤を落とします

カーシャンプーで超強力洗剤を洗い流します。

水道のシャワーや高圧洗浄機ででも強力洗剤は残ります。

カーシャンプーを付けたムートンで擦らないと落ちないのは強力洗剤故です。

その後水道水の飽和攻撃でカーシャンプーを流します。

意外と重要なのが、この水の飽和攻撃で洗剤分が残ると台無しなのです。

 ボディーにガラスコーティングをします

窓ガラスを乾いた雑巾でキレイにします。

ガラスコーティング剤が窓ガラスに付着すると取れないので慎重に作業します。

表面に薄い水の膜がある状態でコーティング剤を塗り、直ぐに絞ったウエスで拭きます。

その後に乾いたウエスでムラが出ないように仕上げます。

水分と反応して超強力な皮膜を形成します。

 レジンを塗り込みます

艶出しと水弾きに効果の高いレジンを塗り込みます。

絞ったウエスで伸ばしてから乾いた専用ウエスで磨き込みます。

素人用ワックスみたいに作業性は良く無くて、ふき取りが重いので重労働です。

ダーク系のカラーだと吹き残しがハッキリと出てしまい何度もチェックが必要です。

このレジンが犠牲皮膜となってガラスコーティング剤を保護してます。

いわば二重のガードシステムです。

 ホイールの内側までピカピカに

整備工場のボディーコーティングは一味違います。

当然ガレージジャッキは有るのでホイールの内側の清掃も楽ちんです。

ホイール内側のブレーキダストがキレイになると見栄えも全然違います。

そのままタイヤを回しながらタイヤワックスをムラ無く塗り込みます。

ガレージジャッキ一つで効率が違いますね。

 まるで生き返ったようですね

年に一度のボディーコーティングはお勧めです。

世の中には5年間コーティングが持つコーティングがありますが・・・。

あくまで毎年のメインテナンス(薄いコーティングをしてます)が保証条件です。

なので何もしないで4年目にコーティングが効いてないとクレームを出してもダメです。

それなら初めから毎年キチンとコーティングする1年保証コーティングが良いですね。

なので協和自動車では1年保証のコーティングしか扱ってません。

是非とも協和自動車でボディーコーティングをしましょう!。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!