画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ムーヴ 左側面にひどく衝突した!クオーターパネル交換でピカピカに。佐賀県・小城市・協和自動車

★ムーヴ 左側面にひどく衝突した!クオーターパネル交換でピカピカに。佐賀県・小城市・協和自動車

 リアタイヤ周辺にダメージです

ムーヴの板金塗装をします。

お客様が缶スプレーでDIY補修済みですが・・・余計に目立ってます。

クオーターパネルを修理か交換か迷いましたが、交換をお勧めしました。

理由はロッカーパネルまで広範囲なのと、部分的に内部からの錆があったからです。

給油口周辺の塗装に錆特有の膨れが多数ありました。

このまま板金修理をしても錆が成長すると穴が開いて台無しです。

なので思い切ってクオーターパネルを交換します。

 分解します

リアドアを新品に取り換えて、各部を分解します。

クオーターガラスや給油口のパイプなどクオーターパネルを交換為に取り外します。

 クオーターパネルを交換しました

クオーターパネルを交換したのでへこみも錆もまとめてOKです。

 新品ドアの中塗りです

新品ドアを塗装します。

メインの目的は裏側とガラスサッシの塗装です。

ついでに表面も塗装して染まりを良くします。

新品の黒いドアをメタリックグリーンに染めるのは意外と大変ですよ。

 クオーターパネルの中塗りです

ドアを付けると塗装出来ない内側を塗装します。

給油口の内側も同時に塗装します。

 内側もピカピカにします

ついでに表側も塗装して染まりを良くします。

内側のみを塗装すると境界線からシンナーがしみ込みトラブルの原因にもなります。

なので境界線が出来ないように全体を塗装してしまいます。

塗装すると判明する傷や凹みプレスラインのゆがみなども分かり易くなります。

 新品ドアの研ぎ出し

一度塗装した新品のリアドア表面を研ぎ出します。

もうボディーカラーになってるので軽く塗装するだけでOKです。

塗装回数が減るのでゴミの付着確率も下がるので仕上がりが向上します。

 側面塗装の準備完了です

ボカシ塗装を行うフロントドアも分解して塗装準備をします。

仕上げにまとめて塗装するのでメタリックの具合も統一されて品質が上がります。

 広範囲の塗装で違和感ゼロに!

中塗りはバッチリ!なので軽く色を付けるだけで仕上がります。

違和感の無いグラデーション塗装は薄めの塗料が最適なので中塗りは重要です。

加熱乾燥後に時間を置いて磨き上げます。

ゴミやホコリを削り落とし、透明塗料の艶感の調整も磨きの仕事です。

 バッチリ!完成です。

組み付けて完成です、ダメージの痕跡は一切ありませんバッチリ!です。

クオーターパネルを交換したつなぎ目も完全に分かりませんよ。


今回はクオーターパネルを交換しましたが、出来るだけ修理の方がマシです。

ボルトで取り付いてるドアは新品交換をお勧めしますが。

クオーターパネルは切った貼ったの交換作業になるので、長期的な錆が心配です。

今回はクオーターパネルがすでに錆に侵食されてたので交換が正解ですが・・・。


軽自動車は全般に錆に弱いと実感してます。

高級車は防錆効果のある亜鉛メッキ鋼板を使用するので錆びにくいです。

飛び石の傷でも軽自動車はすぐに赤く錆びてしまい周辺の塗装内部まで錆が進行します。

鉄で出来た車にとって錆は大問題です。

一度錆びて腐ってしまうと修理には溶接が必要で・・・その溶接個所が再び錆びます。

箱型断面の部品の錆止めは実質不可能なのです・・・理想は錆びさせないのがベストです。

でも錆びさせない事は不可能なので表面のみの段階で処置しましょう。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!