画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ミライース フロントバンパー修理塗装!穴掘り??佐賀県・小城市・協和自動車

★ミライース フロントバンパー修理塗装!穴掘り??佐賀県・小城市・協和自動車

 ミライースフロントバンパーの修理です

今回はミライースのバンパーを修理します。

年式が経過して新品バンパーのお値段も上昇していました。

 再塗装&元修理箇所にダメージです

このフロントバンパーはすでに一度修理塗装済みです。

当社ではこの色のミライースは塗装してないので、他の工場さんの仕事ですね。

問題は以前の修理で入れただろうパテが割れてヒビが多数入ってる事です。

このような状況になると割れたパテは全部剥がす必要があるので修理は大変です。

 調色をします

このような薄いピンクなどの色は退色(色あせ)が大きいです。

ダメージの無いフロントバンパー右側の色もフェンダーと違っていたので、この際バンパー全体を塗装して色違いを是正します。


しかし太陽がもろに当たるボンネットは更に色褪せが進んでるので・・・どこかは色の合わない部分が出てしまいます、どこかは諦めるしかありません。

 完全分解します

協和自動車のバンパー塗装は基本一本塗りです、バンパー全体を塗装します。

塗装のつなぎ目が出ないので高品質です。

その為には完全に分解する必要があります。

 パテの厚みが・・・厚いです

サンダーでダメージ部を削ってみたら・・・厚い!!!

バンパーの裏側を触ってみたら・・・へこんだままです!

バンパーの修正を省いて強引にパテで埋めたのでしょう・・・酷いですね。

パテを全て剥がして根本的に修理します・・・・手間が倍増です・・(;´д`)トホホ

 バンパーを根本から修理します

古いパテを剥がしたら裏から加熱します。

簡単に修正できるのに・・・何故しなかったのでしょうね?

これで大幅にパテを薄くできます。

 これでパテの厚みも減りますね。

ほぼ形は整いました、この段階で基準面より高い部分が無いようにします。

膨らんでしまった場所は、再加熱して凹ませます。

深い傷はパテで埋めるしかありませんね。

 傷を埋める目的でパテ入れです

傷を埋めるのと表面の細かいささくれを抑える意味でパテを入れます。

ごく薄く残すように研ぎだします。

 下地塗装後に研ぎ出しました

下地塗装をして再び水研ぎで仕上げました。

水浸しなので屋外でしっかりと乾燥させます。

裏側や細かい隙間に水分が残ってると塗装時に水膨れみたいになって塗り直しになります。

完全に乾いたらブースで塗装します。

 バッチリ!復活しました。

乾燥後に磨いて組み付けて完成です。

へんな凸凹も無くバッチリ!な仕上がりです、やったね!


車種専用のバンパーなどは半年ごと毎年?お値段が上昇します。

THE大衆車のミライースのバンパーも結構なお値段でした。

今後人口減少で車の販売数が減少するとメーカーは補修部品で儲けようとなるでしょう。

補修部品のお値段で車選びをするのはナンセンスでしょうが・・・。

高価な補修部品単価は貴方の財布をダイレクトに攻撃するでしょう。

更にメーカーの台所事情が悪くなると細かい部品設定が無くなります。

するとASSY(組み上げ済み部品)供給が増えて指先大の部品を交換すれば治るのに周辺の部品もまとめた高価な部品でないと買えなくなります。

某メーカーが完全にそのスパイラルになってまして部品代が高いです。

同じクラスの車が同じ様にぶつかっても1.5倍の修理代になってますね。   SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!