画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ヴェゼル オーバーフェンダーでは凹みは防げません 佐賀県・小城市・協和自動車

★ヴェゼル オーバーフェンダーでは凹みは防げません 佐賀県・小城市・協和自動車

 ヴェゼルの側面にダメージです

ヴェゼルの側面にダメージです。

ドアからオーバーフェンダー、ホイールまで傷や凹みがあります。

 オーバーフェンダーで衝撃を吸収してくれれば・・・

ドアのへこみは仕方ないですが・・・オーバーフェンダーが取り付くクオーターパネル内部までダメージがあるか分かりません。

オーバーフェンダーが衝撃吸収して凹みが無ければラッキーですね。

オーバーフェンダーを外してのお楽しみです・・・。

 最初にライナーを外さなければいけません。

SUVは外装に取り付く部品が多いので工賃は高めです。

オーバーフェンダーを外す為にライナーも外します。

 残念!凹みがあり板金が必要です

残念です、取り付け部が凹んでオーバーフェンダーのクリップが浮いてました。

オーバーフェンダーは基本的にクリップで固定されるので、このままではグラグラですね。

板金修正が必要になりました。

 ドアの板金時には透明フィルムが邪魔です

ドアには飛び石防止の透明フィルムが付いてました。

ドア板金塗装時には剥がさなければ作業出来ません。

衝撃で割れた塗装まで剥がれてしまいました。

 板金して何度も仮合わせします

大まかに鉄板を引き出してオーバーフェンダーを仮合わせします。

クリップ取り付け部にパテを入れるとクリップの爪が固定出来なくなるので高精度な鉄板修正が必要になります。

クリップの爪が固定されつつ、高さなども合わせ、隙間も均一にしなくてはいけません。

板金塗装屋としては何も取り付かない部分の修正の方が気楽です。

 オーバーフェンダーの密着が重要です

オーバーフェンダーをしっかりと固定出来るのが大前提で、隙間をパテで仕上げます。

パテを研いで仮合わせ、パテを研いで仮合わせ、パテを研いで仮合わせ・・・・・・・。

ようやく満足なポイントに落ち着きました。

ようやく下塗り工程へ進めます。

 プレスラインを高精度に再現します

ドアの方もいやらしいプレスラインが3本入ってます。

プレスラインの不出来は誰にでも分かるので高精度に仕上げます。

ドアは車体から外さなくても理屈上は作業出来ますが・・・。

低い位置のプレスラインを高精度に仕上げるのは困難です。

机の上にドアを置いて、良い環境を作る事が成功への近道です。

 内側もキレイに塗装します

ドアが無いので塗装条件も良好です、塗装ミストの付着などのトラブルも防げます。

邪魔なドアが無いので塗装の仕上がりもバッチリ!です。

ドアを開けた時に内部がガサガサですと・・・非常に残念ですからね。


 キレイに仕上がりましたよ

いつも通りに塗装して磨き組み付けます。

オーバーフェンダーとタイヤホイールは新品に交換しました。

仕上げに保護フィルムをドアに貼って完成です。

オーバーフェンダーもがっちり付いて、高さや隙間もバッチリ!です。

もちろんドアのプレスラインの仕上がりも同業者に自慢したい程です・・・(大げさ)。


大きいヴェゼルのベースとなった車はフィットなのは有名な話ですが、小さい車を大きくした車は意外と悪く無いです。

むしろ3500CCも積める大きい車のシャーシを利用した初代オーリスなどはヴェゼルと同じ位の大きさですが、重たく安定感が強すぎて面白く無い車でした。

シャーシがエンジンに比べて勝ち過ぎてる印象で軽快感が無いです。

それに比べて小さい車を大きくしたヴェゼルは軽快に走り好印象です、限界は分かりませんが。

大きい車のシャーシの方が得した気分になりがちですが・・・。

ヴェゼルの細部をみても設計者レベルの流用で、フィットとは全然違います。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!