画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ニッサン ブルーバードシルフィー リヤ廻り板金塗装事例 トランク交換 リアバンパー交換 バックパネル交換

ニッサン ブルーバードシルフィー 追突修理  

 損傷状況

右後方からのダメージで、トランクが大きく動き、左の鉄板(左クオーターパネル)までトランクが乗り上げてキズや凹みがありました。

 新品トランクパネル

変形の大きいトランクパネルは新品交換が必要でした。
新品はさび止め塗装のみで、下地及び塗装が必要になります。

 右クオーターパネル修理

事故の瞬間、右のクオーターパネルが大きく変形したみたいで、応力の集中する赤丸の部分に変形跡が有るので修理していきます。
テールレンズも仮合わせしないと、高さが合わない事が多い箇所なので注意しながらの作業です。

 修理箇所

左右クオーターパネル各所が衝撃によってダメージがありました。
特にぶつかった反対側は経験の少ない見積もり担当者は見逃しがちです。
見逃しが出ると追加料金が発生したり、ごまかしや見て見ぬふりが発生します。
当社は複数の人間でチェックして、見積もり漏れは注意してます。

 トランクヒンジ修理

トランクヒンジも修理しました。
硬い部材なので焼きを入れて伸ばしてます。
セダンのトランクヒンジ交換になると後部ガラスの脱着が必要になる車種も存在します。
その分修理代が高額になるので注意が必要です。
厳重なマスキングで塗装します。

 ボデー塗装

内側の塗装も同時に行いました。
つなぎ目無しの仕上がりです。

 トランク塗装

予め裏側を塗装しまして、ボデー側面と同時に塗装しました。
個別に塗装してますが、同時に塗装するので気温湿度などが完全に同一となるので色味の差は最少で仕上がってます。

 新品リアバンパー

日産さんは新品バンパーが、ほぼ色つきで供給されるので助かります。

 部品の組み付け

塗装を傷つけないように気を付けて組み付けていきます。

 完成写真

今回もキレイに仕上がりました。水漏れチェックして完了です。
お客様も喜んで頂けました。

セダンのトランク廻りを修理した時は、特に水漏れチェックは重要です。
開口部が上を向いてますし、豪雨時にはトランクとクオーターパネルの隙間には屋根から大量の水が流れます。
水漏れ確率も非常に高いです。
トランク内のスペアタイヤ周辺に錆びとか有ったら水漏れの疑いありで要注意です。

水漏れ修理は原因特定が非常に手間がかかります。
内装などを外して上から地道に水をかけてチェックするのですが、ボデーは箱型の集合体なので直接見えません。
なので推測してコーキング処理、また水をかけてチェックの繰り返しです。
少々費用はかかりますが、責任を持って作業させていただきます。  SK





車修理に関するご相談ならお気軽にお問合せください。

無料相談を受付中
TEL:0952-73-2411 9:00~17:30

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!