画像

★ティーダ フロントバンパー修理 佐賀県・小城市・協和自動車

 高級コンパクトハッチのティーダです

ティーダは日産の上級コンパクトハッチバックカーです。

弟分にノートがあるので高級路線で企画されてますね。

グレード名にも「メダリスト」とかつてのローレルのグレード名を引き継いでるので、ローレルからのダウンサイジング需要も考えてる車です。

なので出来の良いシートなども奢られてますが・・・中途半端でしたね。

もっと思い切った高級路線ならノートとの差別化もハッキリしたでしょうに・・・。

 フロントバンパーに傷が・・・。

今回はそんなティーダ(ティーノじゃないよ・・・爆!)のフロントバンパーを修理します。

硬い物に擦ったみたいで意外と深い傷です。

 ちゃんと調色します

バンパー塗装でもキチンと調色します。

「色付き新品のバンパーだって色が違うじゃん?」と言い訳してバンパー塗装時は調色を省く悪い塗装屋さんも居るのでご用心です。

 分解開始です

いよいよ分解開始です。

この時代の日産車はラジエーターグリルが外しにくい車種が多いですが・・・ティーダは外し易いのでGOODですね。

あのマイナスドライバーで捩じって外すクリップは・・・嫌いです。

 バンパーが外れました

バンパーを外して外せる物は全て外します。

両面テープでくっついてるエンブレムも例外ではありません。

 先ずは掃除です

修理を始める前に表も裏も水洗いでキレイにします。

見落としてた傷なども発見出来ますし、紙やすりに砂が絡むと深い傷が入りますので。

バンパーの裏側も塗装時に砂やホコリが舞うと嫌なので・・・。

掃除と塗装クオリティは直結してます。

 修理後です

傷を修理して下塗りをします。

写真は下塗り塗装を研いでマスキングした所です。

この様な未塗装エリアの大きいバンパーはマスキングに時間が必要です。

何故ならバンパー裏側もマスキングしないと塗装ミストが付いてしまうからです。

未塗装部分は別パーツで作ってくれた方が塗装屋は楽ちんですね。

 新型センターカップガンで塗装します

今回は新型センターカップガンの明治機械製作所ファイナーコアで塗装します。

非常に性能が良いスプレーガンなのでメタリックも美しく再現出来ますね。

 磨きを入れます

乾燥後にホコリを削り取り磨き上げます。

普通の方は気にならないような細かい凸も平らにするのです・・・自己満足領域かな?

マスキングテープを剝がす際は塗装面を再び加熱してから剥がします。

そうすることで境界線を美しく出来ます。

 バッチリ!完成です

組み付けてバッチリ!完成です。

バンパー塗装も意外と手間がかかるのですよ。

新車から時間の経過した日産の新品バンパーは高価なので割安で直りましたね。


ティーダ・・じゃなくてティーノは懐かしいですね。

1998年に日産から発売された2000CCクラスのハッチバックです。

ホンダ エディクスみたいな前列3人後列3人での6人乗りでした。

リアシートは外して荷室を広く出来る野心的なモデルでした。

限定100台でしたが日産初のハイブリッド車でもありましたね。

筆者の実家付近にハイブリッドティーノ所有者がいまして身近に感じてました。

・・・・今こそティーノの復活の時です。

6人乗ったら荷物スペースが残らないシエンタやフリードに対してアドバンテージがあります。

普段使いにも短めな全長は有利ですし、車幅も1800ミリ位までなら許される世の中になりましたので・・・機は熟しました。

提携先のルノーもこの手の車は大好きなので・・・いけますよ。    SK


無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!