画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ラパン フロントフェンダーへこみ 板金事例 佐賀県・小城市・協和自動車

★ラパン フロントフェンダーへこみ 板金事例 佐賀県・小城市・協和自動車

 ラパンがへこんでます

スズキラパンのフロント廻り修理でご入庫です。

フランス語でオスウサギがアン ラパン、メスウサギをユンヌ ラピーヌと呼ぶようです。

大まかな区分けではウサギの事をラパンと呼ぶようですが、厳密にはオスウサギですね。

うしゃぎさん?はオスもメスも可愛いですが・・・ラパンは男の子だったのですね。

ちなみにフランスでは家畜扱いで普通に食用らしいですね。

 ラパンの皮を剥ぎます

それでは傷ついたウサギさんの手術を開始します。

この子はウサギ型ロボなので壊れた部品は交換します。

ロボなので自然治癒しないのが弱点ですね。

 ラパンの新しい皮が来ました

ラパン君の新しい皮が到着しました。

まだ皮だけで毛皮が無いので色が違います。

 ラパンのお顔もなおします

ラパンの目の横にも傷がありました、こめかみ辺りかな?

傷を治して毛皮塗装の準備をします。

 ラパンの新品バンパー皮も到着です

ラパンの新しいバンパー皮も到着しました。

色の毛皮は付いて無いので、黒ウサギにも白ウサギにも出来ますね。

 ラパンの毛皮の色を付けます

最新の機器で色を付けていきます。

この子はベージュウサギなので広範囲に染色して違和感無く仕上げます。

 ラパンの毛皮を乾かします

高温乾燥ブースから出てきたラパン君は軽くローストされてました。

まだまだ中身はレアだと予想されるので時間を置いて熟成します。

 ラパンの毛皮を磨いて整えます

時間を置いて熟成が完了したら毛並みを磨いて整えます。

ツヤツヤなラパンになりましたよ。

 ラパンのバンパー毛皮の組み立てです

ラパンのお顔を組み立てます、鼻や口に当たる部分かな?

 かわいいラパンが復活しました

お目目の焦点を合わせたら、かわいいラパン君が復活です。

ラパンは個性的で主張がハッキリとしてるので貧乏臭さが無いのが素晴らしいですね。

個性の無い八方美人的な車にはファンが付かないので、どうしてもお値段勝負になってしまいます。

当然大衆車はターゲットユーザーを広く設定して数を売ろうとしがちですが・・・そこが落とし穴なのです!

ラパンのようにターゲットユーザーを絞った方が好感度の高い車になるでしょう。

もちろん一定数はアンチが生まれるでしょうが・・・それも話題になるのでOKなのです。

ある意味、炎上ビジネスみたいですが・・・ろくに話題にもならず消えるよりマシです。


メーカーは日本の人口減で車種を絞る方向性みたいですが、没個性は命取りです。

八方美人の車は飽きられるので個性を前面に出した車が逆に生き残ると考えます。 

ジムニーやラパンなどは個性を確立出来たスズキの宝なのです。   SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!