画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★スズキワゴンRスティングレイ バックドア交換・リア廻り修理 佐賀県・小城市・協和自動車

★スズキワゴンRスティングレイ バックドア交換・リア廻り修理 佐賀県・小城市・協和自動車

 リア廻りの被害事故

ワゴンRのリア廻りにダメージで、バックドアもボコボコです。

協和自動車がキレイに修理致します!お任せください。

 分解しながら見積もりです

分解しながら見積もりを出して、保険屋さんと交渉します。

保険屋さんとお客様に了解を得てから修理作業を開始します。

部品を発注したらバックドアなどを分解取り外しを行います。

分解を進めると意外な見積もり漏れなどが見つかる事もあるので、後回しは危険です。

 新品ドアを仮取り付け

新品ドアが到着したので、取り付けます。

新品鉄板ドアに着色済みの部品はどのメーカーにも存在しません。

一部の樹脂製バックドアで色付きバックドアがありますが・・・ごくごく少数派です。

 バックパネル交換、フロア修理

バックドアとテールランプを基準にバックパネルを取り替えます。

同時に周辺の鉄板とフロアを板金修正します。

バックパネルだったりエンドパネルだったり・・・呼び方はいろいろですね。

 新品ドアの裏側塗装

再び新品ドアを外して塗装準備を行います。

最初に塗装の密着性を上げる為に紙やすりで全体を磨きます。

グレーの錆止め塗装に傷が付いてる事が多いので修正します。


スズキ車の補給ドアにはコーキングは予め施されて無いので・・・コーキングを行います。

防水コーキングが必要なのはドアの裏側外周部分です。

ホンダ車などは予めコーキング済みなので助かりますね。

塗装用の専門資材は高品質ですが高価です、なのでコーキング剤の拭き取りなどは普通のティシュペーパーなどを使用する事でコストを抑えてます。

家庭用品は安いので有効に使えば、品質を保ったままコストダウンが可能です。

その後にドアの裏側を塗装します。

 室内を防水と塗装します

錆止め後に交換したバックパネルとリアフロアのつなぎ目をコーキング剤で防水します。

その後に塗装しますが、違和感を少なく塗装するのは技術が必要です。

完成時には見えませんが・・・。

 外側の塗装準備

次はバックパネルの外側を塗装します。

ワゴンRの給油口から伸びるパイプが邪魔なので位置を移動させます。

ホコリが入らないようにラップでガードします、燃料キャップは給油口のふたに付くので届きません。

 交換したバックパネルの塗装

車をマスキングしてから錆止め処理を行います。

錆止めが乾いたらコーキング剤で防水処理を行います。

最後にボディー色でキレイに塗装します・・・バンパーを付けたら見えなくなってしまう部分ですがキレイに仕上げますよ。

 バックドアの表面を塗装します

裏側が完全に乾いてから表側を塗装します。

裏側が生乾きの状態でマスキングテープを貼ってしまうとテープ跡が残るので要注意です。

ドアを吊り下げれば表裏同時に塗装可能ですが・・・どうしても塗装しにくい場所が出てしまいます。

塗装しにくい部分は塗装がガサガサになったり艶が悪かったりトラブルの温床です。

手間ですが、表裏を別で塗装すれば良い仕上がりに出来ます。

 バッチリ!完成です

磨き上げたバックドアを組み付けてから、ガラスを移植します。

新品のバンパーを取り付けたら完成です。

全然違和感の無い仕上がりに出来たので良かったです。


それにしても・・・スズキの黒系の塗装の弱さは困ったものですね。

鳥の糞が付いたまま放置すると塗装が侵されるのが早いです。

雨のシミも残り易いので屋根なども小まめな洗車が必要です。

このワゴンRの屋根も最早危険水域まで到達してまして・・・クリアだけでも今の内に塗装し直しておけば長持ちするのですが・・・。

劣化具合が一定の水準まで進むと一気にハゲハゲになるので要注意ですよ。

劣化が進み過ぎると元の塗装を剥がなくてはいけなくなるので修理費用が跳ね上がります。

協和自動車は硬化剤の割合の高い高級なクリア塗料を使用してますので、オリジナルよりも高い耐久性なのでご相談ください。

車も人間と同じで病気の治療より予防の方が有効ですよ。      SK


トップページはこちらです。

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!