画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★ハスラーボンネット裏のこだわり塗装 新車同様に 佐賀県・小城市・協和自動車

★ハスラーボンネット裏のこだわり塗装 新車同様に 佐賀県・小城市・協和自動車

 新車時のボンネット裏

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

写真はスズキハスラーのボンネット裏の写真です。

外板色は緑ですが・・・すみっこしか塗装されてませんね。

そして今回はボンネットを新品と交換しますが・・・当然無塗装でやってきます。

ボンネットを交換した事がバレない事がベストなので・・・同じ様に仕上げます。


 新品のボンネット

新品のボンネットがやってきました。

錆止め塗装の色でも内板色に近いですが・・・やっぱり比べると違います。

特にヒンジ部分の色が違うと違和感が大きいので塗装が必要です。

新品なので細かい傷をつけてからコーキング剤で防水処理を行います。

 内板調色

内板色とはどの色でも共通な下地の色です。

ハスラーはエンジンルーム内やボンネット裏などは下地の内板色のままなのです。

でも車種やロットで内板色は微妙に変わるので注意が必要です。


高額車は全体にボディー色が塗装されますが・・・ハスラーは外側だけボディー色です。

しかしボディー色の塗装時に飛んできた塗料が内側にも微妙に付着してます。

その微妙なグラデーションを再現しないと修理した事がバレバレになるので危険です。


まずは下地の色を調色します。

サンプルから近い色を選び、微調整を行います。

 内板色を塗装します

新品ボンネットに調色した内板色を塗装します。

 周辺をぼかします

オリジナルの塗装を思い出しながら周辺をぼかし塗装します。

ここで使用するのはボディー色です。

ミリタリー系プラモデルのウエザリング加工みたいですね。

 近くなったかな?

オリジナル塗装と今回塗装したボンネットの比較です。

新車製造時はコストダウンの塗装なのに・・・補修時には手間が増えますね。

でもこれでボンネットを開けた際にも違和感が減るでしょう。

補修は如何に新車に近くするかがポイントなので・・・満足ですね。

もちろん裏側もツヤツヤに塗装する事も可能ですよ。



カトシンもモデラーなのでエアブラシで塗装も行います。

しかしスケールモデルと実車では勝手が全く違いますね。

プラモデルレベルの大きさだと塗装ムラが出にくいですが・・・非常に細かいです。

塗料も実車に比べて隠ぺい力が少ないので大変です。

その割には厚塗りすると変になるので難しいですね。

同じような塗装作業ですが・・・違いは大きいですね。     

やっぱりプロモデラーさんは凄い腕前ですね。       SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!