画像

  • HOME
  • 会社案内
  • ★カトシンの整備工場日記3 工場ブログ 佐賀県・小城市・協和自動車

カトシンの整備工場日記3 佐賀県・小城市・協和自動車

 2020年9月9日 懐かしいアイテム

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

懐かしいアイテムが手に入りました、静電気放電ゴム?です。

車のボディーに取り付けて地面に引きずりながら使います。

内部に薄い鉄のプレートが入ってて静電気をアースさせます。

昔はよく見かけたアイテムですね。

この個体は内部の鉄プレートが破損して機能してませんでしたが・・・。

素人さんが樹脂バンパーに取り付けて意味なく引きずってるのもアルアル事例でしたね。

でも30歳の後輩が存在は知ってるが機能を知らなかったのは衝撃でした・・・。

「これは何のために取り付けてるのですか?」との質問に年齢を感じました・・・。

内部アース線を引き直しマイカーに取り付けようかな?     SK

 2020年9月10日 スマートキーの電池

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

協和自動車ではスマートキーの電池交換も得意ですよ、すぐに交換可能です。

それにしてもボタン電池の種類が増えて困ってます。

各メーカーが好き勝手に色々な規格の電池を採用するからです。

電池は生ものなので一定期間以上保管したものは使えませんので廃棄事例もあります。

もう直径も小さく容量も多い1632辺りに統一して欲しいですね。


1632???ボタン電池には謎の番号が付いてます?が簡単です。

四桁の最初の二文字が直径で後半の二文字が厚みを表します。

例えば2032だと直径20ミリ厚さ3.2ミリです、簡単でしょう!。  SK

 2020年9月11日 ザックス製のショックアブソーバー

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

車検中のC-HRにザックス製のショックアブソーバーが付いてました。

ザックスはドイツのメーカーですが、これはトルコ製ですね。

日本車でも世界中から部品がやってくるのが分かりますね。

ザックス製のショックアブソーバーは評判が非常に良いので気になってます。

気になってるだけで・・・お高いので先立つものが・・・ヒデブ!!。

テム・レイの回路じゃないけど・・・。

このザックス製のショックアブソーバーを付ければ・・俺様の車は・・以下略  SK

 2020年9月12日 ヘッドライトウオッシャー

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

トヨタのSAIにヘッドライトウオッシャーが付いてました。

ヘッドライトに付いた雪や泥を水圧でキレイにする装置です。

これが付いてると欧州車っぽいですね。

ヨーロッパでは1995年以降は義務化されてる装置です。

ヘッドライトのLED化などで発熱量が下がり雪などが溶けなくなったせいです。

SAIは国内専用車なので・・・個人的には要らないです。

友人のインプWRX乗りは使用方法すら知らなかった程です!。

バンパーの塗装作業時に手間が増えるのと(別体で塗装する必要があります)。

使用した時に水しぶきが盛大に飛び散りボンネットやフロントガラスまで飛んできます。

フロントドアガラスが開いてたら室内まで巻き込む程です。

殆どの日本人は使わなくても上級グレードの証として満足してるハズ?です。   SK

 2020年9月14日 羽根はたき

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

工場の隅から羽根はたきが出てきました。

お抱え運転手さんが待機中に車のホコリを落としてるイメージですね。

最近はそんな光景はすっかり見なくなりましたが、優秀な品なのです。

素材はダチョウの羽根で出来てまして柔らかく静電気を発生させません。

さらに羽根の繊維が真っ直ぐで砂などを取り込まないので傷を付けません。

ワックスが効いてるツルツルのボディーのホコリを効果的に除去できます。

ボディーコーティングが主流になりワックスがけしてる光景も少なくなった今日。

車用の羽根はたきも文化遺産扱いになるでしょうね。    SK

 2020年9月15日 トヨタハイブリッド車の音

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

トヨタのハイブリッド車の低速走行時に「ウイーーーン」音がしますね。

その音はこのスピーカーからわざわざ出してます。

歩行者への配慮みたいですが面白みが無いですね。

昔はインバーター辺りの作動音と勘違いしてました。

音が選択出来るようになれば楽しいですね。

特にスバルのハイブリッドe-ボクサーなどはドコドコ音がすると受けるかも?。

燃費性能だけでなく「このメーカーの音が良いから選んだ」みたいなお客が出るかも?ね。

是非権利を取得してミッキーマウスマーチでも流しましょう(笑)。  SK

 2020年9月16日 コンピューター調色システム

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

本日イサム塗料株式会社さんがデモでご来社です。

コンピューター調色システムのデモ実演です。

写真のようにボディーにカメラ付きの機械を当てると調色レシピが分かる代物です。

激しく色褪せた色や純正では無いオリジナルカラーの調色が可能になります。

しかし・・まだまだ精度がイマイチなのと測定条件が厳しいのが気になります。

面白いシステムですが・・・システム全体で200万円近くて回収不可能です。

ベテランスタッフの居ない工場などには有効かな?。

逆にシステムの数字に惑わされる恐れもあり、ある程度の経験は必要そうですね。

調色工賃自体は高額では無いので50万円以下になれば考えます。   SK

 2020年9月17日 マツダがヤバい?

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

先日新聞でヨーロッパ圏内でのCO2排出量の罰金額が出てましたね。

CO2排出量が基準量より多い場合1グラムごとに大まかに11400円罰金が生じます。

ハイブリッド車の多いトヨタはほぼ達成してますが。

内燃機関に拘るマツダは大幅超過で1400億円以上の罰金となりそうです。

このままですとヨーロッパ市場からの撤退となるかもしれませんね。

・・・とメディアは叫んでますが、きっと大丈夫でしょう。

このままだと欧州メーカーも巨額の罰金になるからです。

日本のメーカーのみがペナルティだと問題無く執行されるでしょうけどね・・・。

欧州の地元メーカーに大ダメージを与える訳にはいかないでしょうから。

ヨーロッパ諸国は自身に都合よくルールを変更する実績があります。 

F1などのモータースポーツもそれで嫌になりましたので。   SK

 2020年9月18日 台風は去ってもリコール作業の嵐です

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

暫く前からスズキのリコール作業が沢山あり大変です。

フロントサスペンションのスプリング交換なのでそれなりに時間が必要です。

車検や修理や板金塗装も通常通りに有りますので代車が足りてません。

お客様には非常にご迷惑をお掛け致してすみません。

スプリングも種類がありその都度スズキから取り寄せになりますので時間が必要です。

クランクプーリーボルトの交換リコール作業も並走してますので・・・。

スズキの販売代理店としての責任を全うするために頑張ります。  SK

 2020年9月19日 30プリウスは困ったちゃん

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

たくさん売れた30系プリウスは結構困ったちゃんです。

燃費性能に特化したスーパーカーなので細かい所は気にしてはいけないのですが・・・。

ヘッドライトも劣化が激しい上に少々磨いた位では傷が残り復活出来ません。

そのおまけ?ですが、トヨタエンブレムまで同様の劣化現象がおきます。

試しに軽くペーパーを当てて磨いてみましたがヘッドライト同様に復活は困難でした。

なんでこんな事になってしまったのでしょうか?。

ヘッドライトとエンブレムは正に車の顔です。

品質向上を早急に行わないと他のメーカーに流れてしまいそうですね。

もしかしてプリウス以上の燃費性能の車は無いのが分かってるので代替え促進の確信犯かも?。

マニアしか喜ばない走行性能より誰でも分かる外観品質に重点を置くべきですね。   SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!