画像

  • HOME
  • カトシンの自動車コラム

メカニックは色々無駄な事を考えてる、頭の中を見てみよう!
毒要素いっぱいなので気を付けてね

 ヘッドライト磨き

ひと昔は無かった作業です。

なぜなら昔はガラス製なので表面の劣化は殆ど無く丈夫でした。

現在はプラスチック製なので表面がすぐに劣化して磨き続けなければなりません。

ホンダの元エンジニアの話ですと、あと100円余分にコストを掛けれれば劣化は大幅に防げるみたいです。

新車時に差は出ないので無理でしょうね。

色々なヘッドライトコーティングを試しましたが満足できるのはヘッドライトを外して専用透明塗料で塗装する方法だけです。

出力の大きい電球を使うと熱でメッキの反射板がメケメケになりヘッドライト全体交換になるのでお気を付けください。


ヘッドライトの樹脂化は法律で決められてるので仕方ありませんが、退化です。SK

ヘッドライト復活物語

トップページに戻る

こちらもどうぞ

アルトラパンのドアミラー分解考察

新型デイズを考える

ダイハツ タフトとは何者?

軽自動車の高級感とは?

ハイブリッド車とガソリン車あなたはどちら?

ミニバンの乗り心地を激安で改善してみた

高級セダンと高級っぽいミニバンの違い

真っ直ぐに走らない車を直してみた

オルタネーターの塩づけは美味しいか?

ヘッドライトリフォーマー2施工で曇り知らず!

 診断機

診断機を車に繋ぎピッポッパで故障個所が分かります・・・・訳ありません。

分かるのはセンサー類の故障位かな?


メカニカルな部品の故障などは当然従来通りの目と耳と鼻で探すしか有りません。

別の狙いは、専用コンピューターの使用で顧客の囲い込みですね。

センサー類の色々なカスタマイズも出来ますが車種によって出来たり出来なかったりするので話題にも出しません。SK

診断機を使ったエア抜き

 協和自動車工場

カトシンの職場です。よく見ると古くてボロイですが、デーラーよりもお安い工賃で営業してます。


お客様への還元率が高い為仕方ないです。SK

SKの秘密や会社案内のページ

 もげるドアハンドル

このタイプのドアハンドルは優しく扱ってね!。

お車がお年を召されると握り部分が、千切れちゃうからね。

代替えを促進させる目的を感じさせますね。

ドアハンドル修理事例

 フォグランプ?デイライト?

最近のフロントバンパーのライトは何のため?

やっぱ見た目でしょう。

法律が許せばデコトラのようにライトだらけで。

差し色やりまくり、さらにフロント全面メッキに出来れば究極のオラオラ系デザインが完成しますね。

現在はその進化?過程かもしれません。

最近のBOX型デザインはプロでもたまに車名を間違える位なので個性的という名の悪目立ち競争爆進中な日本です。

SK

往年のオラオラ系シボレーMW

トップページに戻る

 ハイウェイスター

高速道路で最高のパフォーマンスを発揮する素晴らしいエンジンです。

以前のジーゼルは低速の粘りが命でしたが、

このエンジンは高性能過ぎるので街中をゆっくりとか、ちょこちょこ乗りは似合いません。

マラソンのオリンピック選手が小学生の練習に付き合うと調子を崩しますよ?。

豪快にアクセルを踏んで長距離を頻繁に走行すると最大級の満足と快調なエンジンを与えてくれます。

エンジン回転数に頼らないトルクの有るエンジンは乗ってて楽ちんですね。SK

マツダと乗り心地

 自動ブレーキ

最近新聞などで話題になるのは自動運転系のネタが多いですね。

自動車メーカーにしてみたらドライバーが運転を放棄すると、

車が趣味的要素を含む乗り物からタクシー化してしまう危険性を含んでる事を危惧してると考えないのでしょうかね。

どうせタクシーなら極力安い方がいいからね。

自動運転化が進む程、誰も移動手段に何百万円も使わないでしょう。

ホ○ダさんは分かってるのか、標識を識別して制限速度をメーターに表示しますが、

速度リミッターを効かせようと思えば明日にも出来る事でしょう。

40キロ制限の道で速度標識が有ると40キロしか出せない車の一丁上がりです。

移動式ステルスレーダーも怖くありませんね。

実際装着しないのはメーカーもそんな車は誰も買わない事は分かってるみたいです。

私もそんな車は死ぬまで買いません。 SK

スマアシ分解事件!

トップページに戻る

 クリアテープ

飛び石キズ防止用の透明テープが経年劣化で汚らしいですね。

新車では全く存在は気になりませんが古くなるとご覧の通りです。

剥がすのも大変、貼るのも気泡やゴミが入ったらやり直しが効かない厄介物です。

ストライプテープに比べ分厚いので曲面へのフィットも悪いです。

クリアテープが貼ってある車種は試作車で試験中に、

(あちゃー!想定以上に飛び石キズが多いなークリアテープでも貼っとけ!)みたいに失敗作だと勝手に考えてます。

やっちまった列伝

SK

 悪魔のリベット

某M社はリベット大好きですね。

整備士にとってはダイキライですね。

ただ外すだけでネジの10倍の時間がかかり、取り外す費用も沢山かかります。

外す時にドリルを使用するので樹脂部品にもダメージの危険があります。

メーカーとしてはリベット単体も安ければ、取りつける時間も短くすむのでコストが安いです。

安いです。安いです。 SK

デイズのバンパーも・・・

 色々な制作自慢

色々制作して技術を磨きます。

決して遊んでる訳では有りません!?

普段の仕事からちょっと違う事をする事で見えて来る物も有るのです。SK

壺の謎

トップページに戻る

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!