画像

  • HOME
  • 車検の実例集
  • ★フィット シートベルト締めてもメーター内の警告灯消えない? 佐賀県・小城市・協和自動車

フィット シートベルト不具合 警告灯消えない 佐賀県・小城市・協和自動車

 初代フィット車検です

フィットが車検でご入庫です、ありがとうございます。

走り・広さ・コスパでコンパクトカー市場に革命を起こした初代です。

しかし人間と同じで年を取ると色々な不具合が出てきます。

しかしこいつはマシーーンです、部品交換で治るので素晴らしいです。

それに比べ人間は、あっちが痛いこっちが痛いと大変です。

999に乗りアンドロメダ星雲で機械の体を手に入れたいですね。

 シートベルト警告灯

点検を進めるとシートベルトの警告灯が点灯したまま消えません。

もちろんシートベルトをバックルに入れてます。

普通はシートベルトをバックルに入れると警告灯は消えるはずですが・・・。

警告灯が消えないので車検には通りません。

今時はエンジンの警告灯でも車検不適合なのでご注意ください。

昔は警告灯など・・・・・以下略。

 シートベルトバックル不良

実はシートベルトバックル不良は整備士的にはアルアル事例です。

シートベルトバックルは開口部が上向きなのでゴミなどが入り易く。

運転席は特に使用頻度が高いので壊れやすいです。

 配線コネクター

写真ではもう外してますが。

まずはシートベルトバックルの配線コネクターを外しておきます。

忘れがちですよ。

 シート脱着分解

フィットのシートベルトバックルを外します。

その為にはシートを外して作業する必要があります。

ワゴン車なのでセンターコンソールが無い車はそのまま作業出来ます。

 純正部品!

新品のシートベルトバックルです。

安全性に関わる最重要部品なので純正品が一番です。

修理では?と思うでしょうが、この手の重要部品は下手に分解しない方がマシです。

シートベルトは、いざという時の最後の命綱です。

 社外シートベルトバックル?

ネットを閲覧すると社外汎用シートベルトバックルも有ります。

シートベルトバックルは金具との相性がとても重要です。

以前の実験で同じメーカーの違う車種のバックルは使用出来ませんでした。

良く見ると金具の形状が微妙に違ってました。

金具がはまったふりをして衝撃で外れる可能性も有ります。

個人的にはお勧め出来ませんね。

電気コネクターも車種で違うので付け替えなどが必要になるでしょう。

 組み付けます

配線の取り回しが悪いとシートスライド時に配線が切れます。

注意して元通りに組みなおします。

 バッチリです。

警告灯も正常に作動してバッチリです。

分解ついでにシート下の掃除も欠かしません。

シートレールの隙間などはシートを外さないと完璧に掃除出来ません。

 完成ですよ

車検も無事に合格出来ました。

古い車も協和自動車にお任せです。(このフィットが古い訳では無いですよ・・汗・・)

車検では全ての警告灯が正常な表示をしてないといけない決まりです。

個人的にはエンジンチェックランプも排ガスさえ基準値内なら問題ないと思うのですが・・・。

エアバックやシートベルトなども他人に迷惑は掛からないのに・・・。

日本は自己責任を認めにくい風潮がありますもんね。

でも規則は規則なので仕方ないですね。

完璧な状態じゃないと車検には合格しないのが現状です。

「整備業界丸儲けじゃん!」と言わないでね

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!