画像

  • HOME
  • 車検の実例集
  • ★ホンダザッツの車検です タイミングベルト交換・ウオーターポンプ交換・佐賀県・小城市・協和自動車

ホンダザッツの車検です タイミングベルト交換・ウオーターポンプ交換・佐賀県・小城市・協和自動車

 ホンダザッツの車検です

ザッツの車検でのご入庫ありがとうございます。

古い車もしっかりと整備して永く乗るのは究極のエコロジーですね。

代替え促進の為に古い車の税金を上げるのはやめてもらいたいですね。

実際に乗り続ける費用は新車購入より修理代の方が安くあがります。

しかしそれでは税収が上がらないので、お上は納得いかないのでしょう。


今回はタイミングベルト交換ですが初めにクランクプーリーボルトを外さなければなりません。

超硬く締まってるクランクプーリーボルトを外す為の自作ツールの超ロングメガネレンチが映ってますね。

 タペットカバーを外します

当社の管理車両なのでエンジン内部はキレイさを保ってますね。

オイル交換をサボると泥のような物体が溜まります。

 タイミングベルト交換です

ホンダ車のエンジンルームは狭いです。

しかし、周辺の補器類を思い切って外せば、ちゃんとスペースは確保できます。

狭い狭いとおっしゃる方は面倒だと言って、部品を残したまま作業しようとしてる方ですね。


この時代のホンダ車なので逆回転エンジンです。

なので助手席側にベルト類が存在します、懐かしいですね。

 外した部品群

組み付ける時は洗浄してから組み付けます。

 交換したウオーターポンプです

タイミングベルト交換と同時に作業した方が良い部品です。

クランクシャフトオイルシールやウオーターポンプなどです。

これらを交換するにはタイミングベルトを外す必要があるからです。

ウオーターポンプなどは社外互換品が安く手に入るので、同時交換をお勧めします。

何度も工賃を払わなくていいように配慮します。

 交換したタイミングベルトです

タイミングベルトとテンションプーリーを交換します。

プーリーの中心にはベアリングが有りますので劣化すると異音の原因です。

思い切っての交換が吉ですよ。

 バッテリーも交換です

バッテリーも劣化が進んでたので交換します。

最近のバッテリーの容量は同じ大きさでも大容量に進化してますね。

 オイル交換です

タペットカバーを取り付けたらオイル交換です。

作業中エンジン内部にゴミなどが入らないように細心の注意を払ってますが・・。

作業後にオイル交換をする事で内部を掃除します。

 ホンダマークを付けて完成です

後は中心のホンダマークを取り付けて完了です。

しっかりと整備したのでまだまだ乗れますよ!。

正直、エンジンの調子などは変化ありません。

面白みは無いですが故障を未然に防いでます。

ちなみにこの子は、まだまだ現役じゃ!と申しております。

 ザッツがご先祖様?

改めてザッツを見ると現行N-WGNのご先祖様ですね。

シンプルな面構成が共通してますね。

旧型N-WGNはプレスラインいっぱいでしたからね、ライフの系統でしょうね。

2代目N-WGNから始まって4代目フィットでホンダのデザインコンセプトが変化してるのを感じます。

3代目フィットの頃のホンダ車は、とにかくプレスラインを入れたがりました。

小型車にプレスラインを入れるのは正解ですが・・・理由の無いプレスラインが多すぎました。

それをそのままレジェンドみたいな高級車まで採用したので酷い有様です。


カトシン的には車の大きさで見え方は変わるので統一デザインコンセプトは厳しいと感じます。

例えば大きな車には似合うマツダの鼓動デザインを小さなデミオに採用したので頭でっかちなちぐはぐ感が出ちゃいます。


ちなみにフラットな面のザッツは販売的には???でした。

なので二代目N-WGNの販売台数に注目してます。

プレスラインの少ないデザインが安っぽく見られなければ良いのですが・・・。


小型車にはある程度メリハリの効いたプレスライン多めのデザインが良く。

大きい高級車には面の美しさをアピール出来るプレスライン少な目なデザインが似合うと考えます。   SK

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!