画像

デリカD5ディーゼル車検事例 佐賀県・小城市・協和自動車

 デリカD5ディーゼルの車検です

国産車で唯一無二のディーゼルワゴンD5です。

グランエースも発売されてますが一般的な車種では無いのが残念ですね。

今や三菱自動車を支える大黒柱なので開発にも力が入ってますね。

 フロント足廻りの点検です

ブレーキやドライブシャフトブーツなどの点検をします。

スペーシアギアと違い乗用車の足廻りなので整備性は良好です。

 リア足廻りの点検です

フロントに比べてゴージャスなリア廻りです。

ブレーキやドライブシャフトブーツなどの点検をします。

 マフラーなども点検します

キレイなフロア廻りを見れば舗装路で使用されてたのが分かりますね。

ラフロードでハードに使用された車はマフラーなどのダメージに注意です。

この車は大丈夫ですね。

 冷却水も交換です

冷却水を交換します。

冷却水を交換しないで使い続けると危険です。

錆止め効果が低下してエンジン内部に錆が発生したら大ごとです。

ヒーターコアなどに錆が詰まると暖房も効かなくなります。

アルミ製エンジンでも鉄部品はあるので油断は禁物です。

 エンジンオイルはDL-1規格を

最新型クリーンディーゼルはエンジンオイルも特別です。

この規格のエンジンオイルを使用しないと排ガス浄化装置に悪影響があります。

排ガス浄化装置は非常に高額なので壊したら大変です。

 ブレーキオイルも交換です

D5は車体重量も重たいのでブレーキにも負担が掛かります。

ブレーキの温度が上がるとブレーキオイルもダメージを受けます。

劣化したブレーキオイルでは止まれなくなり危険ですね。

車検ごとのブレーキオイル交換で安心です。

写真の機械はブレーキオイルを圧入出来る機械です。

 各輪丁寧にエア抜きをします

マスターシリンダーからブレーキオイルが供給されるので抜き取り作業をします。

ブレーキキャリパーのオイルのみしか交換しない悪い業者もいます。

これでは時間の経過とともにパイプ内の古いオイルと混ざり効果は半減です。

協和自動車はブレーキパイプのオイル全てを入れ替えます。

時間が経過してもリザーブタンクのオイルが汚れにくいのが証です。

 各部しっかりと整備しました

ATFやデフオイルなども交換しました。

この車は、もう10万キロを超えて長い距離を走ります。

お客様の使用状況に合わせた整備提案で愛車を長持ちさせます。


国産車で人気の5ナンバーミニバンにもディーゼル車が欲しいですね。

昔はノアにもセレナにもディーゼルエンジンが有り人気でしたのに・・・。

ディーゼルエンジンの低い回転で走れるスタイルはミニバンにピッタリです。

音が大きいと思われがちですが、低い音で一定のリズムを刻むエンジンです。

後席に乗ってると眠りを誘う優秀なエンジン音と振動です。

ハイブリッド車は突然かかるエンジンと高い音質で意外と不快なんです。

ディーゼル車の意外な一面ですね。    SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!