画像

  • HOME
  • 車検の実例集
  • ★ムーヴ ドアが途中で止まらない!ドアチェック調整・中古車車検・佐賀県・小城市・協和自動車

★ムーヴ ドアが途中で止まらない!ドアチェック調整・中古車車検・佐賀県・小城市・協和自動車

 ムーヴの車検見積もりです

下取り車は車検点検や外装の修理を行い展示します。

正直・・毎日使用していた車で無傷な車はありません。

なので展示前に車検レベルの点検と内外装のリフレッシュが必要です。

しかし・・・このムーヴは故障まででは無いが・・見逃せれない問題がありました。

 ドアが無節操に全開してしまいます

ダイハツ車にはありがち?ですが・・・。

ドアを開けたら節度無く全開まで開こうとします。

普通は2から3段階ぐらい途中で止まるのが正常です。

このままですと風の強い日などは危険です。

 ドアパンチの加害者になってしまいます

そうです!ドアパンチの加害者になってしまうのです。

ドアチェックと呼ばれる部品の劣化で途中で止まらないと・・・この様になります。

もしも隣の車に当ててしまい傷や凹みを付けてしまうと・・・当然弁償が必要です。

特に助手席側はドアが緩いとは知らないゲストが乗るケースがあるので要注意です。

将来的にそんな悲劇を起こさない為に今すぐ対策が必要です。

 犯人はドアチェックです

この部品がドアチェックでドアを途中で止める働きをします。

ダイハツは伝統的に軽い力で開閉可能なように弱めです。

逆に最近のスズキは弱る前提か?かなり強く設定されてて力が必要です。

特にこの車は開閉時に異音がした?みたいでグリスが塗られてヌルヌルです。

新品部品に交換しても良いですが・・・元から緩めだと困るので・・・・。

 ドアチェックを取り出します

今回はこのドアチェックを調整して節度感を取り戻します。

内装を分解してドアチェックを取り出します。

 ハンマーでボディーを凹まします

原因は内部の樹脂パーツの圧着力の低下です。

分解不可能?なので、この位置のボディーを潰して圧着力を増やします。

 最初は手加減してこの程度です

怖いので最初はこの程度で試してみます。

上下両側共に凹ませます。

 まだ緩いですね・・・。

強さを測るには仮付けが一番です。

まだまだですね・・・多少マシにはなりましたが・・・。


緩いドアチェックでも単品を人力で動かすと非常に硬いので付けてみないと分かりません。

 次は少々強めに凹ませます。

今度は大きいマイナスドライバーで凹ませます。

これでどうだ・・・・?

 節度感あるドアに変身しました。

OH!----いいじゃないですか!

カクッカクッとしっかり途中で止まるようになりました。

これなら少々風が吹いても、いきなり全開にならず安全ですね。


実はこの方法には大問題があるのです!

ボディーを凹ますので内部の樹脂が割れてしまうと台無しです。

それと・・・新品のお値段が意外と安くて・・・修理しても割りが合いません。

こんなリスクを冒すより、やっぱり新品が安心ですよ。

叩くので内部がそのうち破損する恐れがあるので保証も出来ません。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!