画像

  • HOME
  • 故障修理の実例集
  • ★ムーヴキャンバス 縁石に下廻りをぶつけた!大丈夫? 佐賀県・小城市・協和自動車

ムーヴキャンバス オイルパン交換 下回りヒット 佐賀県・小城市・協和自動車

 下回りヒット

車止めブロックを跨ぐ形で走ってしまいオイルパンが割れてしまいました。
エンジンを支える骨組みも激しく変形してます。

 オイルパン交換

ムーヴキャンバスのオイルパン(エンジンの一番下の部分)が割れてますので交換です。
鉄製のオイルパンなら変形で済んだかもしれませんがアルミ製なので変形せずに直ぐ割れます。
オイルを排出する雌ネジも弱いのでアルミ製オイルパン車のオイル交換は要注意ですね。

 エンジンメンバー交換

エンジンメンバーは一番低い位置に付いてるので当たりやすいですね。
タイヤの位置も此の部品で決まるので重要部品です。

 オイルパン無ーい

エンジンの中身が丸見えです。
シールパッキンカスが残らないように掃除をキチンとします。

 オイルパン装着!

新品のオイルパンにシールパッキンを塗り組付けます。
ネジと接着剤で取り付くので一発勝負!です。
シールパッキンは多すぎても少なすぎてもダメで、部位によっても塗布量を調整する必要が有りますので技術を要する箇所です。

 メンバー交換

メンバーは基礎となる部分なので色々な部品が取り付いてますので、部品が落ちてきたり残す部品に無理な力が掛からないように対処しながら慎重に交換します。
重たい部品なのでミッションジャッキで支えてないと危険です。

 完成!(写真は使いまわしです、すみません)

オイル漏れの点検やハンドルセンターなど、その他沢山の点検調整を経て完成です。
もちろん実際にロードテストで走行中の異音やカーブ後のハンドル戻りなど走行しないと分からない領域もチェック!チェック!チェック!!---です。

下廻りをぶつけた時は一見大丈夫でも整備工場で点検すると安心ですよ。
プロの目で使用に影響が有るか無いかを判断します。
アルミオイルパンなどは衝撃でひび割れなどが有るとオイルが漏れなくてもゴミを吸ってエンジンがダメになるケースがありますので。
燃料タンクやブレーキパイプなど下廻りには重要部品が多いので点検をお勧めします。  
もちろん交換しなくても良い傷などはお客様と相談の上でスルーできます。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!