画像

  • HOME
  • 故障修理の実例集
  • ★ムーヴ エンジン部品塗装でリフレッシュ?プチカスタム 佐賀県・小城市・協和自動車

ムーヴ エンジン塗装でリフレッシュ 佐賀県・小城市・協和自動車

 ムーヴオイル漏れ修理のついでに・・・

ムーヴがオイル漏れの修理でご入庫頂きました。

タペットカバーパッキンからのオイル漏れの修理です。

しかし今回はそのついでにリフレッシュ計画が有るんです!

 エンジン部品の塗装もします。

オイル漏れでエンジン部品を外すついでに部品の塗装もします。

さあ、これからどんな風に変わるかな?

チェンジ!ゲ〇ターーーー。

 分解完了です

オイル漏れの原因タペットカバーを外します。

 汚れてしまったタペットカバーが・・・

漏れ出したオイルと長年の汚れで見るも無残な状態です。

キャブクリーナでもなかなかキレイにならない程です。

この部品を塗装するには油汚れを完全に除去する必要があります。

ブラストマシーンが有れば一発なのでしょうが、無いので頑張りでカバーします。

キャブレタークリーナーからパーツクリーナー、シンナーからワックスオフと進めます。

歯ブラシでシコシコ地道に掃除します。

 まあ!なんてことでしょうか 

日産ティーダの金色で仕上げました。

耐久性を考慮してクリアは使用してません。

程よい艶消し感に仕上げて悪目立ちしないようにします。

 エアクリーナーボックスも・・・

白っぽく劣化が進みかけたエアクリーナーボックスカバーも塗装します。

この部品も油分が残らないように隅々まで掃除します。

 まあ!なんてことでしょうか 

トヨタのガンメタリックで塗装しました。

温度が上昇しない部品なのでキレイなクリア仕上げです。

 インタークーラーも薄化粧を

インタークーラーは機能部品なのでガッツリ塗装は出来ません。

塗装で放熱性が悪化したら意味ないので・・・。

銀の缶スプレーでさらりと仕上げました。

 メインのオイル漏れの修理です。

本来の目的のタペットカバーパッキン交換作業です。

オイル漏れの原因はパッキンの劣化も有りますが。

上部に接続されてるPVCバルブが詰まるとエンジン内圧が上昇して漏れの原因です。

もちろんPVCバルブの清掃と動作チェックも完璧ですよ。

 ピカピカのエンジンルームになったよ!

インタークーラーカバーは以前の入庫時当社で塗装しました。

純正品を赤に塗装して文字を削り出した力作です。

この前回の作業で信頼を頂きまして今回の依頼となりました。

今後もよろしくお願いします。

現状オイル漏れは無くてもタペットカバーパッキンは弱点です。

タペットカバー塗装のついでのパッキン交換でも損は無いはずですよ。

何色でも塗装出来ますよ、協和自動車にご相談ください。


このムーヴのエンジンは今は無き4気筒の名品です。

今時の3気筒に比べてトルクは薄いですが、魅力も大きいです。

とてもスムーズでアイドリング中もプルプル振動はほぼ無いです。

エンジン音も静かで流石4気筒!高級感を感じます。

さらに走らせるとドッカンターボで超楽しいです。


今時は軽自動車でも高額になり200万円オーバーは当たり前になりました。

その金額に見合うように上級グレードのみ4気筒エンジンの復活を期待します。

今時のターボ技術なら低回転時からトルクも出せるはずです。

普通車からのダウンサイザーにとっては3気筒の振動と下品な音は頂けません。

燃費も普通車より良ければ十分です。  例えば・・・・

(タントスーパーカスタム)4気筒ターボ・本革シート・サンルーフ装備で本体価格220万円!

 低振動・低騒音・豪華内装を追求・・・面白そうだなーー。     SK

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!