画像

  • HOME
  • 故障修理の実例集
  • ★30アルファード後期 フロントグリル取り外し フロントバンパー取り外し 佐賀県・小城市・協和自動車

★30アルファード後期 フロントグリル取り外し フロントバンパー取り外し 佐賀県・小城市・協和自動車

 30アルファードのフロントグリル

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

トヨタディーラーが全車種扱いとなり人気が加速した30アルファードです。

予想通り売れる車種が偏ってきましたね。

下取り価格がアルファードの方が高い予測も確定なので。もうヴェルファイアの復活は無いでしょう。

 目隠しカバー

ラジエーターグリルを外します。

ボンネットを開けると見える化粧カバーを外します。

クリップの中心部を押せばロックが解除されるので簡単です。

 ビスを4個外します

ビスを4個外します。

スリムタイプなので他のビスと間違えに注意です。

ここで告白です・・・グリル単体で外すのは、ほぼ不可能です。

ラジエーターグリル下の方の爪が解除困難だからです。

フロントバンパーごとラジエーターグリルも外します。

 コネクター外し

グリルやバンパーと車体を繋いでるコネクターを外します。

この個体は4個でした。

 バンパーごと外します

通常通りにバンパーの固定箇所を外していきます。

 隠しボルト

写真の箇所のカバーを引き抜くと隠しボルトが出てきます。

 中心部のクリップ

本来ならラジエーターグリルが外れてるので簡単に外れるクリップですが・・・。

半分は見えてるので頑張ってクリップを外します。

 グリルを浮かして

最後はグリルを軽く浮かせるとクリップが見えますので、マイナスドライバーで解除します

左右両側です、脱落防止の出っ張りがありますので持ち上げて外します。

これでフロントバンパーごとラジエーターグリルも外れます。

予想以上に重いので御注意です。

 爪の箇所です

ラジエーターグリルの爪の箇所を示します。

 グリルのみは不可能です

最後にラジエーターグリルの写真を掲載致します。

理屈上では引き抜くだけなので不可能ではないですが・・・。

この外れた状態で電源を通すとエラーメッセージが出ますので御注意ですね。  

もうちょっと簡単だったらいいのにね。           SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!