小城市 フィット燃料ポンプ交換事例 フィットエンジンかからない 整備秘話 燃料ポンプ 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

  • HOME
  • 故障修理の実例集
  • フィット燃料ポンプ交換事例 フィットエンジンかからない 整備秘話 燃料ポンプ

フィット燃料ポンプ交換事例 整備秘話

 フィット燃料ポンプ交換事例

フィットのエンジンが始動できない事例です。
点検の結果、燃料ポンプの故障が疑われます。リフトで車を持ち上げて、ミッションジャッキで少し降ろします。
タンクに繋がる配線やパイプを外します。

 燃料ポンプ取り外し

これがフィットの燃料ポンプのモーターです。
モーターに直接電気を繋いだら、やはり回り方がおかしく故障してました。
新品のモーターに交換で、修理完了です。


燃料のガソリンに触れる部品なので、下手にモーターを修理すると最悪、車両火災になります。

 フィットのタンク位置

フィットのタンクを外した時の車両側です。
フィットのガソリンタンクは運転席や助手席の床下に有ります。
そのおかげで室内空間は広々してます、排気管は少々苦しい取り回しですね。

初代フィットはそれまでのホンダロゴや他社のコンパクトカーとはレベルの違うパッケージと走行性能、しかも割安で大ヒットしました。

三代目になっても、その輝きは受け継がれ、いくつかの他メーカーはフィットへの対抗をあきらめた位です。

エンジンは特に素晴らしく1300CCのお買い得グレードでも他社の1500CC並に良く走るので、さすがエンジンのホンダだと感心させられます。   SK

 佐賀県小城市 修理・整備・車検 協和自動車株式会社・タックス佐賀にお任せください

車修理・整備に関するご相談、お気軽にお問合せください。

無料相談を受付中
TEL:0952-73-2411 9:00~17:30

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!