小城市 ミニキャブキャリパーOH事例 ブレーキオーバーホール 整備裏話 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

ミニキャブキャリパーOH事例 整備裏話

 症状

車の動きが重くなりスピードが出なくなった症状です。
ブレーキテスターで点検したところ
フロントブレーキの引きずり(ブレーキが効きっぱなし)でした。

 ブレーキOH

ブレーキキャリパーを取り外します。

 ブレーキOH

キャリパー(ブレーキ)のゴム部品を
新品に交換します。

 清掃作業

ブレーキの錆びを回転ブラシでキレイ
に掃除します。
見えない所も手抜きしません。
掃除後はグリスを塗り動きを良くし、
錆びも防ぎます。

 ブレーキキャリパー

後は取り付けて、ブレーキオイルを
通してエア抜きをします。
正常な作動に戻りました。

ミニキャブでは、たまに有る不具合です。
ブレーキの錆びが酷いときは丸ごと
交換の方が良いです。
錆で細かい凹みが出来てしまい、ブレーキオイルが漏れる恐れが有ります。


乗用車のフロントブレーキは写真のようなディスクブレーキです。

ディスクブレーキは基本的に効きの調整は出来ません。

ブレーキパッドの特性を考慮して銘柄を替えることでブレーキキングのフィーリングを若干変えれる程度です。

高級なブレーキシステムはコントロール性重視ですね。案外ブレーキの効き自体はノーマルのブレーキの方が軽く踏んで良く効くものです。    SK

 佐賀県小城市 修理・整備 協和自動車株式会社・タックス佐賀にお任せください

車修理・整備に関するご相談、お気軽にお問合せください。

無料相談を受付中
TEL:0952-73-2411 9:00~17:30

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!