小城市 ★ムーヴ リア廻り大破!フロア交換 前編・・佐賀県・小城市・協和自動車 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

★ムーヴ リア廻り大破!フロア交換 前編・・佐賀県・小城市・協和自動車

 酷く追突されたムーヴ

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

ムーヴが激しく追突されてご入庫です。

愛車が大変な事になり非常にショックだと思いますので、キレイに修理します。

現状はバックドアが閉まらずテープで固定されてる状態です。

 フロアが ぐちゃぐちゃ

見積もりの為に分解するとぐちゃぐちゃなフロアが出てきました!

ここまでダメージが酷いとフロアは交換が必要です。

当然発泡スチロールの工具入れも割れてました。

 大量の部品が来ました

作業のGOサインが出たので部品発注をしました。

写真は交換部品のごく一部です、実際はこの5倍位の部品量です。

交換部品のチェックもしますが・・・追加も出るでしょう。


フロア交換が出来るようにリアシートなども外します。

 フロアパネル予備塗装

新品のリアフロアとバックパネルを予備塗装します。

結局は溶接などで再び塗装が必要になりますが、装着後だと どうしても塗装しにくい場所が出て来るので・・・結果的に仕上がり品質は向上します。

 樹脂製バックドア

バックドアは樹脂製なので大した事が無いように見えますが・・・特に内側などがバリバリに割れてて使い物になりません。

新品のバックドアは内装も一体型になってます。

表面はグレー塗装仕上げですのでブルーに塗装が必要です。

配線類は抜き取れない構造で、新品バックドアに配線も付属します。

なので鉄製のバックドアより部品代は高額になります。

 仮に取り付けます

建付け調整の為に新品バックドアを車に取り付けます。

バックドアヒンジの穴が大きく取り付け自由度が大きいのが特徴です。

製品精度に自信が無いのかな?

 邪魔な排気管をカットします

フロア交換時にマフラーが邪魔になります。

排気管は交換なので、この時点で全部外しても良かったのですが・・・前方にO2センサーが付くのでダイアグを拾わないように前半分を残します。

マフラーの後ろ半分を切ってしまいます。

これで作業性が向上しました。

 修理した車体を塗装します

骨格を修正後にパネルを貼り替えます。

溶接個所の錆止めをしてから防水処理をします。

フロアは事前に予備塗装済みなので塗装範囲は狭いですが・・リフトアップが必要です。

足廻りや外装に塗装ミストが飛ばないようにマスキングして塗装します。

黒パスターで誤魔化すような事はしないのでご安心を。


それにしても・・・下廻り塗装は作業者が汚れるので・・・大変です。

 室内も塗装します

室内の塗装にはマスキングを工夫する必要があります。

フロントシートや天井などに塗料が付着しないような配慮が必要です。

その上で作業性も考えないといけないので大変なパズルです。

最終的には内装が付くので見えなくなりますが・・・キレイに仕上げるのが拘りです。

 邪魔な給油口のゴム

左のクオーターパネルに傷があるので塗装が必要でした。

しかし・・・ダイハツの給油口はマスキング不可能なんです。

ボディーとの接触部に付くゴムが邪魔なのです、テープもくっつきません。

給油のたびに見える場所なので・・・思い切って分解します。

燃料キャップも無くなってしまうので・・・ゴミの侵入防止対策が必要です。

非常に手間が掛かりますが・・・仕上がりが全然違ってきます。


今回は大きい作業なので・・・後編に続きます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!