小城市 ★フィット リアドアからクオーターパネル修理事例 黒光り塗装!佐賀県・小城市・協和自動車 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

  • HOME
  • 板金塗装の実例集
  • ★フィット リアドアからクオーターパネル修理事例 黒光り塗装!佐賀県・小城市・協和自動車

★フィット リアドアからクオーターパネル修理事例 黒光り塗装!佐賀県・小城市・協和自動車

 事故頻度の高い箇所です

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

黒いフィットが左リアドア付近の傷つきでご入庫です。

この箇所は作業頻度の高い箇所なので得意技です。

しかし黒色は下地が悪いと塗装後に修理跡が分かり易いので慎重に修理します。

 調色しますよ!

天気が良いので最初に調色作業を行います。

天気が悪い場合などは後回しにする場合もあります。

太陽光の下で色合わせしないと見えないキラキラ感もあります。

調色ライトも進化してますが・・・やっぱり太陽光は最適最強なんです。

 ドアを外して完璧修理

傷や凹みは外側だけですが・・・下地塗装は傷より広く塗装する必要があります。

すると内側まで作業範囲が及ぶのでドアを外した方が仕上がりが良いのです。

また、内側を部分塗装する際にもドアが無い方が都合よいのです。

面倒がらずにドアなどを外すのが協和自動車です。

 傷や凹みを修理します

リアバンパーやテールランプを外してから板金修理します。

思わぬ傷が付くのを未然に防げます。

大きなヘコミを板金修理後にパテで整形します。

後端に今回とは関係の無い凹みがあったので、ついでに直しておきます。

 下地塗装後に部分塗装します

パテ整形後に下塗り塗装を施します。

完全に乾いたら内側を部分塗装します。

これでリアドアを取り付けて塗装可能になります。

トヨタの202(純粋な黒)以外は何かしらパールやメタリックが混ざった黒です。

案の定この車の黒もパールが入ってました。

なのでドアを取り付けて塗装する事でパール目も揃うのです。

 ドア修理

クオーターパネルと同時作業でドアも修理します。

パテで整形後に下塗り塗装を施します。

この時に光の反射で表面のひずみが分かります。

その箇所は下塗り塗装を研ぐ際に修正します。

 下地が整いました

下塗り塗装をを水研ぎで平らに仕上げます。

この時に少しでも傷が残ってたら塗装しても残るので・・目を皿にして点検します。

 マスキング後に塗装します

リアドアを取り付けて、フロントドアも塗装準備を行います。

フロントドアでボカシ塗装を行い違和感を無くす作戦です。

マスキング後にブースで塗装を行います。

 焼付乾燥後に磨き込みます

塗装後にブース内で温風乾燥させますが、更に赤外線ヒーターで塗料の内部まで加熱硬化させます。

この赤外線ヒーターを当てると塗装面の硬さが大幅アップするので必須アイテムです。

その後に更なる艶を出す為にペーパーで表面を平滑にしてから磨き込みます。

ちゃんと削って磨く分の厚みは確保してるので、塗膜厚さも大丈夫ですよ。

 筆者が映り過ぎて・・・恥ずかしいです。

美しくなったボディーにカトシンが映り込み過ぎて・・・恥ずかしい程に艶艶です。

キレイに塗装された黒はうっとりする程にカッコイイですね。

もちろん塗装した部分の周辺パネルも磨きますので極端な艶の差はありませんよ。

お客様にも非常に喜んで頂けたので、こちらも満足なお仕事でした。


黒い車に細かい傷が付くのは・・・仕方ありません・・・黒ですから。

特に新車や塗装後の黒は水を流しながら洗車しただけでも細かい傷が入ります。

当然白なども同じように傷はついてるのですが・・・見えないだけです。

なので黒だから塗装が弱い訳ではありません。

表面の透明塗料に付いた細かい傷がベースの黒とのコントラストで目立つだけです。

ちょうど黒板に白いチョークで線が入った状態ですね。

白い紙に白いチョークで線を引いても目立たない理論です。


そこでワックスをかけると油分が細かい傷に入り込み傷が消えた様に見えます。

なので黒い車にはワックスとの相性が非常に良いのです。

ワックスの油分が原因の黒い筋汚れも黒なら目立たないからです。

黒い車のオーナー様は小まめにワックスをかけて満足に浸りましょう!  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!