小城市 #フィット クオーターパネル鉄板を溶接しての引き出し 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#フィット クオーターパネル鉄板を溶接しての引き出し

 ホンダフィットの板金修理

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

一台で全てを叶える・・・夢のコンパクトカー・・・フィットです。

大人4人と荷物も積めて・・・燃費も走りも良いのが人気の秘訣です。

正直・・・大人2人と子供2人の家族なら・・・理論上フィット以上の
大きさの車は必要ありませんね。

まあ・・・そんな実用一点張りでは面白くないのが・・・自動車文化です。

そんな妄想をする程・・フィットは高い総合力を秘めてます。

 リアドアは交換ですね

非常に硬い固定物に接触したみたいですね・・・。

リアドアの交換は必然レベルです。

気になるのが・・・リアドアの上部に隙間が出来てる点です。

単純にドアの変形なら良いのですが・・・センターピラーが押されてると
センターピラーの修理まで必要となります。


最近の車のセンターピラーは2重構造で非常に硬いです。

この車のセンターピラーも見た目では・・変形は見られませんが・・・。

新品のドアを付けて見ると・・・段差が出来てしまう例が多いです。

(実際この車も・・・センターピラーが押されてました・・・)

 分解して準備完了

各部の部品を外して修正準備を行います。

左側はチェーンブロックで車体を固定してます。

今回は溶接修理もするので・・・ドア開口部も養生します。
(まあ・・・溶接が無くても毎回してますけどね)

更にホイールアーチの作業性を上げる為にホイールも外します。

準備だけで・・・そこそこ大変ですね。

 タイヤ側を引き出します

チェーンブロックでタイヤ側のクオーターパネルを引き出します。

スライディングハンマーでも可能ですが・・こちらの方が微調整が可能です。

引っ張りながら・・・周辺をハンマーで叩いて・・・元の形に戻します。

 プレスラインを再生します

次はドア側の修正です。

目的は・・・溶接した鉄板から数センチ内側の膨らみ修正です。
(内側の膨らみが治れば・・・表面も付いてきます)

廃棄ドアから切り出した鉄板を溶接して・・・引き出します。

チェーンブロックで引っ張りながら・・・膨らんだ場所を叩き落とします。

この方法は溶接個所は傷みますが・・・強力に引き出せる方法です。

て・・いうか・・・この方法以外では修復は困難です。

 大まかに・・形になりました

溶接した鉄板を切り取り・・・表面を削ります。

これで・・内側の膨らみも修正できました。


なので・・・ドアを開けた際にも・・・違和感は無いですよ。

 ドアを合わせてみます

いよいよ・・新品のドアを付けてみます。

ダメージの無いフロントドアやクオーターパネル上部にドアを合わせます。


しかし・・・ドアヒンジ部が押されてて・・・ドア同士で段差がありました。

センターピラーを修正して・・・各部のバランスを取ります。

新品ドアが収まったら・・・それに合わせてクオーターパネル下部を修正します。

 ドアに合わせてパテで整形します

追加板金後・・・パテで仕上げを行います。

新品ドアに段差と隙間を合わせる様に研ぎ出します。

 下地後・・塗装します

今回は板金修理をメインに紹介しますので・・・途中は省略します。

パテ研ぎ後・・下地塗装・・再研磨・・分解・・調色などを経てます。

フロントドアの厄介なキーシリンダーも外して・・・塗装します。
(ホント・・・分解取り付けが厄介な部品です)

 見事に復活です

今回も見事に復活しましたね・・・バッチリ!です。

今回はリアバンパーも修理塗装してます。

完全に同じ塗料で塗装してますが・・・角度によって見え方が変わります。

バンパーは車体に取り付けての塗装は困難なので・・・仕方ないのです。

協和自動車が出来るだけ・・まとめて塗装する理由です。


この様な修理では・・ホイールアーチ裏側の処置も重要です。

タイヤを外して・・・頭を突っ込まないと見えない位置です。

そこも・・・下地塗装とコーキング処理を施し・・・万全です。

むしろ・・・タイヤからの水が直接当たる部分なので・・より重要です。

その部分を手抜きすると・・・修正時の箇所から・・・錆が発生します。

表面のサビ以上に・・・裏側のサビは厄介ですからね。

悪い板金屋さんは・・・手を抜く箇所なので・・・ご用心ですね。  SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!