小城市 #MRワゴン 軽い衝突ですが・・意外に深いダメージです やわい! 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#MRワゴン 軽い衝突ですが・・意外に深いダメージです やわい!

 軽く当たっただけでも・・

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

最近の軽自動車は人間との衝突時も考えてか・・・。

非常に脆く作られてます。

軽く当たっただけでも・・意外に深いダメージが残りますね。


燃費向上の為の軽量化とも合理性があるので・・・。

走りの質感に関係の無い部分は・・・。

どんどんペラペラになっていってます。


写真のMRワゴンも駐車場内で駐車中の車に軽く衝突した
みたいですが・・・。

内部骨格やエアコン装置までダメージがありました。


樹脂バンパーなどは・・ある程度復元するので・・・。

一見・・・大したこと無い様にみえますが・・・。

それが落とし穴なのです。


それでは作業開始です。

 調色します

たまたま天気が良かったので・・調色します。

お外で使う車なので・・太陽光での調色がベストです。


最近は調色ライトなどが出てますが・・・。

何度か騙された経験から・・・太陽光なのです。


コレ・・単なるベージュに見えますが・・・。

メタリックベージュなのです。

なので・・・より太陽光下で調色したいですね。

角を叩き直します

パテ整形完了

 ボンネット修理

ボンネット先端が曲がってました。

叩いた場所の塗装を傷めない様に養生します。

更に・・木を当てがって優しく修正です。


表面は・・・薄くパテを入れて平らにします。

同時に飛び石サビも・・サービスで処置です。

下塗り

研ぎ出し

 下地塗装を研ぎます

下塗りのサフェーサーを塗装します。

乾燥後・・・水研ぎで段差を無くします。


次はボンネット全面を特殊タワシで磨き洗いします。

細かく均一な傷を付けて・・塗料の密着強化です。

色無しバンパー

フックカバーは再使用

 スズキの素地バンパー

新品のバンパーが到着しました。

もうベージュの塗装済みバンパーは廃盤なので・・・。

素地のバンパーに塗装を行います。


スズキの素地バンパーは優秀です。

予めサフェーサーが研がれた状態でやってきます。

運送中の細かい傷のみ処置すれば・・・。

脱脂作業のみで塗装可能な優れものです。


他のメーカーはツルツルの素材まんまで供給です。

そのままでは・・・塗料の密着が悪いです。

なので・・・あらゆる下準備が必要になるので
非常に手間が掛かります。


スズキ・・・素晴らしいです。

グリルも色無し

塗装準備中

 ベージュは・・・

ラジエーターグリルもボディー色ですが・・・。

これも塗装済み部品は廃盤です・・・。

バンパーと違い・・・素材そのままなので・・・。

細かい傷を付けて・・ミッチャクロン処理が必要です。


塗装部品の固定は・・・アイデア能力が試されます。

固定方法で塗装の作業性や塗装品質まで変化します。

手元にある道具と資材で、どこまで出来るか・・。

閃きが重要なのです。

今回・・グリルの固定には悩まされました。

塗装中

骨格塗装

 塗装のお時間です

さあ・・いよいよ塗装の時間です。

例えばケーキ職人さんのデコレーションみたい?な物です。

全体の作業の中では・・ほんの一コマ・・の意味です。


殆どの作業は・・・塗装の為の準備作業ですからね・・。

塗装屋さんでも・・スプレーガンを握る時間は・・・。

貴方の想像以上に短いのです。

機能部品の組み替え

磨き工程

 部品交換と磨き

押されたバンパーがエアコンコンデンサーを変形
させてました。

軽自動車はバンパーとコンデンサーが近いので・・。

軽くバンパーに当たるだけで・・機能部品が壊れます。

エキマニのヒートガードやO2センサー・・ホーンなども
ダメージがあるので交換しました。

スペースに余裕がある普通車なら・・・。

被害はなかっただろう・・部品です。


塗り上がったボンネットを磨きます。

付着した細かいゴミを取り除き・・・艶をアップさせます。

 組み付けます

古いバンパーから再使用する部品を組み替えます。

エアコンガスなども充填したので・・・。

塗装したバンパーを組み付けます。


いよいよ完成が見えてきましたね。

 完成ですよ

同じ数字で手配中のナンバー待ちですが・・・。

車自体は完成しました。

同じ数字のナンバーが再交付されるのは・・・。

10日間程も必要です。

依頼してからの制作ですからね。

今回も変形したフロントのみ交換です。



自動車ナンバーの制作工程は・・謎です。

YouTubeなどでも動画はありません。

ナンバーを製作してる会社のホームページも
ありますが・・・断片的な紹介のみです。

きっと・・・基本・・公開禁止なのでしょう・・・。

工場見学とか出来たら・・・最高なのですけど・・。

それも・・・きっとダメなのでしょうね。   

文字の塗装が弱いなど・・聞いてみたい案件は
多いのですけどね・・・。     SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!