小城市 #ワゴンR 側面大ダメージ!中古部品使用で割安修理事例 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#ワゴンR 側面大ダメージ!中古部品使用で割安修理事例

 表面だけでは・・ありません

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

44ワゴンRが側面のダメージでご入庫です。


以前に新品交換の見積もりを取られたみたいですが・・。

お値段的に厳しかったようで・・放置されてました。


「でもやっぱり・・・」みたいで・・・。

当社にご来社です。

中古部品のデメリットもご了承頂いた上で・・・。

今回は中古部品による修理となりました。

全て新品と交換するより・・安くなりましたよ。

骨格の変形

ロッカーも変形

 ヒンジ取り付け部まで・・

今回の修理が安く上がらない理由は・・・。

ダメージが意外と深い点だからです。


フロントドアヒンジの取り付け部が変形してます。

このままドアを付けても・・まともに閉まりません。


サイドエアロの奥のロッカーパネルも・・・。

ダメージが大きく・・そのままでは隙間が開くでしょう。


この辺は・・何とか修理で対応します。


ピラー修理は・・どちらの修理でも共通ですよ。

全国から届きます

フィットしませんね

 中古部品登場!

発注していた中古部品が届きました。

フロントフェンダーは何と北海道からです。

長旅ご苦労様です。


状態確認も兼ねて・・・仮に取り付けます。

当然ですが・・フィットしません。

あらゆる場所に段差などが出てますね。

骨格修理

エアロ取り付け部も

 骨格の修理

中古ドアの利点で・・ドアヒンジが付いてきました。

これを利用すれば・・ヒンジのダメージは疑う必要無しです。


フロントピラーをフレーム修正機で引き出します。

ヒンジの根本はパテが使えません。

ドアの開閉時に鉄も変形するから・・パテが割れるのです。


変形の影響の無い周辺はパテを入れます。

それも・・・薄く仕上げて・・万が一に備えます。


サイドエアロの取り付くロッカーパネルは・・・。

パテの精度が悪いとクリップがはまらないので・・・。

正確な作業が必要です。

色替えです

並べて塗装

 中古部品を塗装します

ドアは同じ色の中古なので・・・裏側は塗装する
必要がありません。

その分だけ安く出来るので・・・重要なポイントです。

フェンダーも出来れば同じ色がベストでしたが・・・。

凹みが少なく安い部品は白かったので・・仕方ありません。


今回も単品部品を並べて塗装します。

この手法なら・・少なくともフェンダーとドアは
色やメタリックの違いは出ません。


リアドアボカシ塗装は・・コスト面で断念です。

より完璧を目指すなら・・ボカシ塗装がお勧めです。

見えない場所も・・

ピラーも塗装

 骨格も塗装します

普段は目に付かない内側もキレイに塗装です。

仕上がりの違いは・・この辺りですね。


フロントピラーもボカシ塗装を行います。

これでフェンダーとピラーの違和感は消えますね。

中古エアロに傷

塗装でピカピカ

 サイドエアロも塗装します

サイドエアロも中古部品です。

場所が場所な為に・・・どうしても細かい傷があります。


これも傷を研いで・・塗装します。

塗り上がったフェンダー

塗り上がったドア

 ピカピカですね

フェンダーとドアもピカピカですね。

ドアはこの状態で磨きます。


フェンダーは車に取り付けないとフニャフニャです。

なので・・・車に組み付けてからの磨きです。

周辺も磨きます

部品の違いに注意

 磨きと組み付けです

一部分だけピカピカだと・・・変ですね。

なので・・・周辺もボカシ磨きを行います。


サービスで車全体を磨く事は出来ないので・・・。
(追加料金で可能です)

塗装面からフェードアウト的に磨きます。


中古部品を使う際は・・・仕様の違いに注意です。

写真のインナードアハンドルやガラスの色などが
微妙に違うケースがあるからです。

基本的に・・・元の部品を再使用ですが・・・。

稀に・・中古部品の方が程度が良い場合があります。

その際は・・吟味して・・良い方を装着します。


ある意味・・・ラッキーですね。

 バッチリ!・・再生です

バッチリ!治りましたね・・・。

これで・・・気持ちも晴れやかなハズです。


中古部品を使うメリット・デメリットですが・・。

(メリット)
・古い車種は中古部品代が安いです

・ヒンジやアブソーバーなど、おまけ付きです

・ガラスまで割れてたら・・割安感大です

・程度が良ければ・・塗装不要


(デメリット)
・高年式車は中古部品も高いです

・傷や錆は・・ほぼ必ずあります

・事前に現物を見れないので・・届いてビックリもあるよ

・中古部品は有る時と無い時の差が大きいので
見つからない時もあります

・部品が届くのが遅いので・・修理期間が延びる

・ドアミラーは別部品扱いなので別売りです

・中古を塗装してたら・・割安感は小です
 

・・・・・・・などの特徴があります。

特に最近は・・・高年式車は廃車になりにくいです。

事故車も専門業者が・・・何とかして修理したり・・・。

酷い事故車でも海外に販売されてしまいます。


なので・・・新しい車の中古部品の流通量が少ないです。

だから・・・新しい車種の中古ドアは・・・新品ドアより
高額で販売されるのです。

まあ・・ガラスやヒンジ・レギュレーターや内装などが
付属しますけどね・・・。

なので・・・ドアの内蔵物・・特にガラスまで損傷があったら
・・・ようやく中古ドアの方が割安になります。


この辺の理由で・・・中古部品を使うのもハードルが
高いのです。

損得計算とお客様の覚悟が必要なので・・・。


15年も経過した車種なら・・・中古部品も豊富ですが・・。

古い車は、そこそこの事故なら・・全損です。

いろいろと・・難しいのです。      SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!