小城市 2022年5月26日       エキサイティング10000rpm 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

サブページメイン画像

  • HOME
  • 会社案内
  • 2022年5月26日       エキサイティング10000rpm

2022年5月26日      エキサイティング10000rpm

 エキサイティング10000rpm

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

写真はL150ダイハツムーヴのメーターです。

10000回転まで刻まれた・・タコメーターが刺激的ですね。

L150ムーヴは2002年から2006年までなので・・最大で20年選手ですね。

故に・・現代の常識では考えられない・・超高回転型エンジンも許されたのでしょう。


この個体は・・普通の3気筒ノンターボのEF-VE型です。

同時代に残ってた・・4気筒ターボのJB-DET型エンジンなら・・10000回転も理解出来るのですが・・。

ノーマルグレードも含め・・ノンターボは皆・・この高回転型エンジンです。


なので・・当然・・4速ATとは相性が悪いです。

せっかくの高回転型エンジンを・・ATが思いっきり・・足を引っ張ってます。

そうです・・普通に乗ると・・非常に遅く感じるのです。

最高出力こそ・・58馬力と・・NAエンジンとしてはハイスペックですが・・7600回転で・・です。

そうです・・普段使いする3000から4000回転では・・本領は発揮していません。

しかし・・ATのトルコン(重いフライホイール状態)が回転上昇速度を鈍らせ・・・。

仮に・・回ったとしても・・酷い室内騒音で・・耐えられない状態です。

正に・・最高速は伸びるが・・加速は鈍い・・の典型ですね。


筆者も過去に・・同じような特性の400CC4気筒バイクに乗ってました。

高速道路の様な・・回転数を保てる環境なら優秀ですが・・。

コーナー後の立ち上がり加速などは・・全然ダメでした。

高回転型エンジンは・・乗りこなすのが非常に難しいですからね。


しかし・・高回転高出力エンジンは・・オトコの浪漫なのです。

「俺はいつか・・やる漢だ・・」みたいに・・。       SK

その他のコンテンツもお楽しみください

  面白ページ(筆者の自己満足!)が盛りだくさん!ご覧ください。
広告を入れてない・・から・・好き放題に書きますよ!

ご意見・ご要望は・・お電話で直接どうぞ・・

現在のアクセス数2022年7月末現在  1048660 アクセス

整備工場ホームページランキング 全国2位(754社中)シナジーデザイン株式会社調べ


以下は・・バックナンバーです

会社案内の他のページ