小城市 #2020年リアルな新車販売ランキング カトシンのページ自動車コラム108 佐賀県・小城市・協和自動車 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#カトシンのページ自動車コラム108 2020年リアルな新車販売ランキング 佐賀県・小城市・協和自動車  佐賀県・小城市・協和自動車

 一般発表に騙されるな!真の販売ランキング

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

自動車業界人としては・・・やっぱり新車の販売台数は気になります。

ユーザーとしても・・・人気車種に乗りたいので気になりますね・・・皆が選んだ車種は安心感が違いますからね。

当然に人気車種の方が売却時にも有利です。

カトシンがそこで気になったのは・・・販売台数が車名別で合算されてたり・・・ほぼ同じ車の兄弟車種が別々でカウントされてる点です・・・おかしくありませんか?

ヤリスとヤリスクロスは・・・車体サイズまで違うので・・どう見ても別の車種です。

逆に・・・ヴォクシー・ノア・エスクァイアは・・・細部しか違わないので・・・車的には同じ車種と考えます。

ライズとロッキーも細部と販売メーカーが違うだけで・・・同じ車種と考えます。

トヨタライズが気になっても・・・近所にダイハツのお店があればロッキーを選択する場合も多いと思いますので・・・。

そうです!車の魅力を考えれば・・・OEMモデルでも同一車種と考えるべきです。


なので・・・鉄板部分がほぼ同じで・・・顔や名前違いのモデルを合算すれば・・・ホントの人気ランキングが見えて来るのです。

テレビCMなどで乱用されてる「クラストップの販売台数」の化けの皮を剥いでやりましょう。

 2020年の公表値とリアルな販売台数を比較します

公表値の台数               リアル台数    


1位 N-BOX               1位 N-BOX 
  195.984台                195.984台

2位 ヤリス(ヤリスクロス含む)     2位 ライズ・ロッキー
  151.766台                157.191台

3位 スペーシア             3位 スペーシア・フレアワゴン
  139.851台                151.687台

4位 タント               4位 ルーミー・タンク・トール・ジャスティ
  129.680台                145.532台

5位 ライズ               5位 ヴォクシー・ノア・エスクァイア
  126.038台                141.139台

6位 カローラ(3兄弟)         6位 タント・シフォン
  118.276台                134.218台

7位 ムーヴ(ムーヴキャンバス含む)   7位 デイズ・eKワゴン 
  104.133台                109.029台

8位 フィット              8位 アルファード・ヴェルファイア
  98.210台                 108.752台   

9位 アルファード            9位 フィット
  90.748台                 98.210台

10位 ルーミー              10位 ハスラー・フレアクロスオーバー
  87.242台                 85.491台

どうですか?兄弟車やOEMを含めると随分変わりますね。

 総括!

今回は2020年のデータですが・・・ランキングが大きく変わりましたね。

今ブイブイ言わせてるヤリスも・・・調べるとヤリスとヤリスクロスの完売台数比は5対5みたいなので・・・約75.000台となり・・・どちらもランキング外です。

逆に登録者トップはライズ・ロッキーで・・・SUV人気を象徴してますね。

公表10位のルーミーも・・・4兄弟合わせれば・・・堂々のリアル3位です(スバルジャスティの正確な数字が不明だったので・・・概算ですが・・・順位に変動は無いハズです。

公表ランキング10位のヴォクシーと11位のセレナが競ってる様に見えますが・・・リアルな数字ではヴォクシー・ノア・エスクァイアが14万台に比べてセレナは6.8万台でダブルスコアな結果となってます。

公表6位と7位のカローラとムーヴも・・・どう見ても違うボディー形状の車を合算してる偽りの数字なので・・・割合を調べて分解すると・・・どちらもランク外です。

この手の数字を出すメディアは・・・正直・・・素人さんです。

分からないから・・公的機関の数字をそのまま出してるので・・・リアルではありません。

メーカーも・・・その気になれば・・・ランク外のプリウス・プリウスα・プリウスC(アクア)まではやってますが・・・例えばプリウスワゴン(ノア)・プリウスクロスオーバー(CH-R)なども強引に改名・合算すれば・・・20万5955台でN-BOXを抜いてトップの販売台数だって可能です。

要は・・・この様に公表台数はメーカーの思惑が大きく絡むので・・・鵜呑みにしないでね!とカトシンはいいたいのです。            SK



1日では読み切れないかも?コンテンツ盛りだくさんのメインページはこちらです。

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

カトシンの 自動車コラムの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!