小城市 #車を売るならどこで?買取業界の秘密を暴露?します カトシンのページ自動車コラム133 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

サブページメイン画像

#車を売るならどこで?買取業界の秘密を暴露?します カトシンのページ自動車コラム133

 車を高値で売れるのは・・どこ?

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

愛車を手放す際や買い替え時・・どこで車を売りますか?

出来るだけ高値で売りたい・・のが・・誰もの本音です。


しかし・・各、売却先の特性を知らなければ・・損します。

今回は・・そんな売却先について・・考えてみます。


 新車ディーラーは?

新車ディーラーは新車を買わなくても買取してくれます。

中古車店併設なら当然ですが・・中古車を扱って無い
お店でも・・売却可能なのです。

しかし・・・あまりお勧めしません。

理由は・・・?

ディーラーの営業マンは新車や保険、携帯電話を売って
ナンボの商売だからです。

なので・・車を買い取っても・・営業マンにはメリット
はありません。

それでは・・本気になれなくて当然です。


また、中古車の値付けも・・営業マンが決めれません。

買い取る車のデータや傷などの程度を本部に送り・・・
買取値段のみが・・営業マンに通知される仕組みです。

少なくとも筆者の時代はそうでした。

またその金額が・・非常に安いのも常識でした。


中古車なので・・各部に傷があるのは当然なのですが・・。

その程度を正直に報告すると・・全体塗装が必要な車と
勘違いされてしまうからです。
(報告と実車の乖離が酷いとペナルティです)

実車を見てない人間が値段を決めてるので・・慎重になら
ざるを得ないので・・仕方ないのですが・・・。

当然・・その金額は、もう・・融通効きません。

「もうちょっと高くならないの?」と聞いても・・・
ノルマ外の仕事を早く終わらせたい営業マンには
どうでも良い事です。

また・・ディーラー認定中古車に出来ない・・古い車や
修復歴のある車は、正直・・要らない・・スタンスです。


しかし・・・新車購入時の・・下取り売却はスムーズです。

下取り車をギリギリまで使えますからね。


また・・新車契約時の査定金額から・・納車時の引き渡し時
まで・・事故でも起こさない限り・・下取り金額が変化しず
らい傾向が強いのも・・メリットです。

 ネットで一括査定は?

ラジオCMなどで、お馴染みのネット査定です。

車種・年式・走行距離などで複数の買取店
が買取金額を提示してくれます。

はい・・釣りで高額査定が出ますね。

高値査定でおびき寄せ・・実際は難癖つけて
安く買い叩くパターンです。
(まあ・・それが相場ですけどね)


内装などの状態は・・実際見てみないと分かり
ませんから・・。


ネット提示金額なんて・・入力条件下での・・
奇跡的な良い程度での金額です。

内外装が新車同様で・・年数と距離だけ経過した
ありえないパターンの金額です。


で・・実際に買取するのは自動車買取店です。

その買取店は利用したネット会社に情報料を払う
必要があり・・。

その分はシレッと引かれてます。


買取情報が返信されてきた業者を全て1か所に
呼び寄せて・・その場で自前オークションでも
やってのける猛者なら・・非常に有効なツールです。

買い取り業者も必死なので・・簡単には引き下がり
ません・・貴重な時間を割いてますから・・。

断れない気の弱い方は・・危険ですね。

本気ですぐに売りたい方のみが・・使うべきです。


また・・ビンテージカーなど価値の高い車は・・・
住所などが知られてしまうと・・危険かもです。

理由は・・・察してください。

自宅住所と保管場所が別なら・・大丈夫ですけどね。

 くるま買取店は?

前ページでも登場した買取店です。

広告費をバンバン使える程・・儲かってるみたいですね。

基本的に・・買い取った車をオークションに
出して・・差額を儲けるビジネスです。

最近は・・オークションに出す前に・・自前で販売して
売れればラッキー・・なお店も・・多いです。


基本的に・・オークション相場と買取価格は連動して
ます・・。

(オークション相場)ー(利益+運営費)=買取価格と
なります。

なので・・人気の高年式車だと・・期待出来ますね。
しかし、逆のバージョンだと・・期待出来ません。


しかも・・買取提示金額は・・その場で車を置いていく
金額です・・もしくは数日以内です。

なので・・まだ納期の必要な新車待ちの状態だと・・・
その買取金額は・・あまり信用出来なくなります。

当然・・時間経過と共に・・買取金額は下がりますよ。


なので・・もう新車がいつでも受け取れる状態か・・
別に乗れる車がある・・など・・。

すぐに売っても良い方が・・ハンコや印鑑証明・住民票
などの書類を持参して・・行くお店です。

決まり文句は「今ならこの金額です」・・「明日になると
分かりません」・・ですからね。


自宅出張査定にも注意点があります。

「待ってるだけでラクチンだから・・呼ぶ」は危険です。

ー--ここで寸劇ー--
上司「わざわざ出張査定して手ぶらで帰社するとは
   何事だ!」
査定士「お客様が、まだ考えると・・でしたので・・」
上司「それを、お前が説明して売らせるのが、お前の仕事
   だろ!努力が足りないんだよ」
  「もう一度、お客のお宅に行って・・説得してこい!」
ー-----------
などの光景も・・容易に想像可能です。

なので・・買取査定士さんも必死になるしか無いのです。




契約終了後の後日・・振込金額の変更などのダークな噂の
ある業界なので・・・ネットでの評判などの情報武装
を入念にしてから・・勝負しましょう。

 大型中古車量販店は?

この業界も・・恐ろしく大量の広告費を使ってますね。

新聞チラシ1回○○万円・・TVやラジオCM1回○○○万円
などと考えると・・当社ではマネできませんね。

まあ・・向いてる方向が・・数字と銀行なので・・。


この様な全国チェーンの大型中古車店は・・都会で仕入れた
程度の良い中古車を地方で売る・・モデルです。

この手法は・・中小店では・・出来ない手法です。

地域間の値段差を使えませんからね。

都会のお金持ちは気分で代替えしますが・・・
田舎は・・潰れるまで乗りますからね・・。


・・・とのビジネスモデルを考慮すると・・・。
買取相場は中央で管理してる・・のが分かります。

基本・・都会の相場で・・・。

どこまで、そのお店の裁量で値段が付けられるのかは
謎ですが・・中央の管理は強そうです。

もちろん・・オークション相場が基準でしょうが・・・。

ディーラーと同様・・中央で買い取り金額を管理されて
ると・・厳しそうな雰囲気があります。




もし、お店全体で数が少ない車種なら・・いけるでしょう。

しかし・・・当然、波があるので・・運しだいですね。


注意点は・・田舎の常識だと・・厳しい点です。

田舎なら5年落ち8万キロなら・・上物ですが・・・。
都会だと・・過走行の微妙な程度となるからです。


どのお店の営業マンもガッツがあるので・・・気合を
入れて・・臨みましょう。

上客を逃がしたら・・怒られますからね。

 協和自動車TAX佐賀だと?

最後に・・協和自動車TAX佐賀の場合です。

はい・・展示場1か所と整備工場のみの小規模店です。

当然・・店舗間の移動など無いので・・・。
田舎の相場(高い)で買い取れます。

買い取って・・メンテして・・ここで販売ですから・・。


オークションに出すのは・・自社のラインナップに合致
しない・・超高級車や・・過走行車・事故車です。

過走行車や事故車を購入するのは輸出目的の外人なので・・・。

まあ・・超高級車なんて・・来ませんけどね(笑)


 筆者が頑張る必要がありますね

協和自動車が高く買い取れるのは・・・
自社で修理や板金塗装が出来るからです。

中古車の95%は・・何かしら傷があります。

その度に・・外注修理してたら・・儲かりませんから。


その辺が横流し専門の、買い取り店との違いです。

そのしわ寄せは・・作業者の筆者に来るわけですが(笑)

程度の良い中古車を届けられる様に・・頑張ります。




どのお店型式にも・・強みと弱みがありますね。

だから・・共存出来てるのですけどね・・・。  SK

その他のコンテンツもお楽しみください

  面白ページ(筆者の自己満足!)が盛りだくさん!ご覧ください。
広告を入れてない・・から・・好き放題に書きますよ!

現在のアクセス数2022年6月末現在  978861 アクセス

整備工場ホームページランキング 全国2位(731社中)シナジーデザイン株式会社調べ


以下は・・バックナンバーです

カトシンの 自動車コラムの他のページ