小城市 走行中・・常に出続けるカタカタ音の原因が分かりました!対策方法も 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

サブページメイン画像

走行中・・常に出続けるカタカタ音の原因が分かりました!対策方法も

 アシストグリップが原因?

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

車は走る以上・・必ず振動します。

ボデーが振動すれば・・何かしらの・・音は出るものです。

しかし・・その質が問題なのです。


マンホールなどの段差を超えた際の異音は・・段差が無ければ起きません。

道路には・・常にマンホールが連続してる事は少ないので・・音が出ない時間も多いです。


しかし・・走行中・・常にカタカタ・・チリチリと音が出続けたら・・嫌なものです。

せめて・・舗装したてのフラットな道路ぐらい・・静かであって欲しいですよね。


このトヨタ車は・・そんなフラットな道路を走行中でも・・常にチリチリ音が出てました。

精神安定状・・非常によろしくないので・・ずー-と・・対策を考えてました。


車は・・お馴染み?10系アルファードです。

10系アルファードは1名乗車だと・・ボディー後部が常にブルブル震えてる車です。

異音場所の確認方法は・・内装から異音が出てる時に・・同乗者に怪しい箇所を押さえてもらい・・触った時に止まれば・・そこが原因と仮定して対策する・・方法です。


しかし・・何故か同乗者には・・チリチリ音は気にならない音のようで・・イマイチでした。(お願いしたのが・・小学生なのも・・問題なのですが・・)

なので・・現実は・・怪しい箇所にスポンジテープを貼ってみて・・実走する・・非効率な手段でした。


しかし・・・ついに・・ついに・・見つけました・・原因が・・。

相当・・時間を掛けて・・検証したのが・・今回のレポートです。

 隙間にスポンジを詰めるだけです

走行中・・常に出るチリチリ音の原因は・・天井サイドにあるアシストグリップです。

今までもスルーしてた訳ではありません。

ちゃんと・・点検して・・異常が無いのは確認してました・・が・・それが落とし穴でした。

あくまで・・アシストグリップを握った状態での確認が・・失敗の原因でしたね・・。


アルファードのアシストグリップはスプリングで格納されてます。

なので・・使用してない時は・・スプリングのテンションは・・低いかゼロか・・です。

そのテンションの掛かってない格納スプリングが・・暴れて音が出てたのです。


非常に小さいスプリングなのに・・何故大きなチリチリ音になったのか?

それは・・アシストグリップは人間の体重を支えれる程の・・取り付け強度が必要です。

なので・・内装を貫通して・・ボデー骨格鉄板に直接固定されてます。


スプリングの小さな異音も・・ボディーに伝わると・・スピーカーの様に音を大きくするのです。


・・・原因が分かりましたので・・対策方法です。

簡単な方法は・・スプリングに常時テンションを掛けておく事です。

そうすれば・・スプリングは暴れなくなりますから・・。

なので・・アシストグリップの隙間にスポンジテープを詰めて・・少し展開した状態にします。

 不快な異音は・・見事に消えました!

天井の内装から・・アシストグリップが少し浮いてるのが・・分かりますね。

隙間に突っ込んだスポンジが効いてる様です。


これだけの処置で・・嘘みたいにチリチリ音は消えました!

筆者自身も・・劇的な効果に・・驚く程でした。

見た目的にも・・違和感が少ないのも・・良いですね。


その後・・かなり時間は経過しましたが・・もうチリチリ音は出てません。

個人的に・・非常に満足出来る・・結果となりました。     SK

その他のコンテンツもお楽しみください

  面白ページ(筆者の自己満足!)が盛りだくさん!ご覧ください。
広告を入れてない・・から・・好き放題に書きますよ!

現在のアクセス数2022年6月末現在  978861 アクセス

整備工場ホームページランキング 全国2位(731社中)シナジーデザイン株式会社調べ


以下は・・バックナンバーです

カトシンの 自動車コラムの他のページ