小城市 サイドガラスのウロコの除去が可能になりました 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

サブページメイン画像

サイドガラスのウロコの除去が可能になりました

 サイドガラスのウロコ取り

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。


みなさーん・・今日もせっせと洗車してますか?

カーマニアにとって・・洗車は娯楽でもあるので・・キレイになってく愛車を見ると・・嬉しいですからね。


しかし・・サイドガラスにウロコが付いてたら・・台無しです。

特に・・プライバシーガラスが普及してからは・・特に目立つ様になってしまいました。

なにせ・・黒いガラスに白いウロコ・・ですからね。


ガラスに付いたウロコは・・雨や水道の中に含まれるカルシウムやマグネシウムが原因です。

雨や洗車の後に・・水滴が太陽に晒されて蒸発する際に・・レンズ効果で焼き付けられます。

なので・・強烈にガラスを傷めるのです。


筆者は今までも・・あらゆるウロコ取りを試してきました。

クエン酸溶液や・・キイロビンコンパウンド・・アルミホイルで擦る・・などです。

正直・・どれも酷いウロコには・・効果ありません。

ネット上に存在してるウロコ取り方法は・・極初期の・・薄いウロコが対象です。
(洗車マニア以外は・・気が付かないレベルです)

10年間も屋外で使用し・・蓄積したウロコは強烈で・・どれを試しても・・全滅でした。


ちなみに・・塗装用のコンパウンドやガラス磨き粉を使い・・電動ポリッシャーでしつこく磨いても・・ダメでした。

なので・・少々諦めてた・・昨今ですが・・今回・・良い商品を入手しました。


それは・・新しい業務用で・・塗装に付着したままだとヤバい・・レベルの溶剤です。

イメージとしては・・溶かす・・感じかな?




ちなみに・・ガラス屋さんのガラス磨きや傷取りは・・。

大型グラインダーにフェルトバフ・・青棒的な重装備で・・リアルにガラスを削り磨きます。

それって・・一歩間違えたら大惨事の能力なので・・無理です。

 洗車後ですが・・ウロコが付いてます

実験台は・・従業員の初代シエンタです。

写真は・・黄色〇部分のクオーターガラスです・・ウロコが盛大に付着してますね。

今回はこの車のガラスで・・実証実験です。

 施工中

施工は・・先ず・・ガラス周辺をマスキングします。

今回は実験なので・・マスキングは最小限ですが・・本来は広範囲でマスキングします。


先ず・・専用洗剤で・・ガラスを洗います。


次は・・キイロビン的な・・専用ガラスコンパウンドで大まかにウロコを削ります。

固形分が多いので・・速攻で乾燥してしまいますので・・水を追加しながら軽く磨きます。

力を入れなくても・・スポンジを滑らせ続ければ・・OKです。

その後・・一旦水洗いします。


次が本命の溶剤です。

シャビシャビの液体をガラスに塗り込み・・3分程・・スポンジを滑らせます。

その後・・少し時間を置いて・・再び水洗いします。

この時点で・・ウロコは完全に溶けて・・完全にスッピンガラスになりました。


最後は・・4H相当の硬さの・・ガラスコーティングを施します。

すると・・ガラス表面の細かい凸凹が埋まるので・・恐ろしい程・・ピカピカになります。



年数の経過したガラスは・・表面が凸凹になってしまってます。

なので・・ウロコ除去と傷埋めは・・セットで行う必要があるのです。

 キレイになり・・映り込みます!

はい・・ヤバい映り込み・・です・・オーナーの映り込みで・・分かります。

ウロコも消えて・・ガラスが完全にリフレッシュされたのが・・分かります。



しかも・・最新で優秀なコーティング剤のお陰で・・触り心地も・・スベスベです。

これが・・また・・凄いのです!

レ〇ンX的な・・ベタベタ感も伴うスベスベでは無く・・・。

ベタベタ感が全くない・・ツルツル・・スベスベなのが・・凄いのです。


はい・・洗車マニアの筆者をもってして・・「感動した!」と言わせた程です。

小泉さんでは無いですが(笑)・・業者である筆者が驚く程の・・仕上がりです。


いままで・・あらゆる方法を試してもダメだったのに・・この溶剤は・・こんなに凄いのか・・と。

今までは・・一体・・何だったんだ・・と。

ビフォー

アフター

 ビフォーアフター

一応・・ビフォーアフターですが・・写真が下手過ぎますね・・。
(写真左側はテールランプです)


現物は・・全然違うんですよ・・キレイになったんだよ・・ホントだってば・・。

流石・・工場の床の塗装を溶かす程の・・溶剤です。
(ボトルに液を移す際・・少し・・こぼしたら・・床がハゲました・・)


ちなみに・・この溶剤は「強化ガラス」用です。

なので・・フロントガラスに多い「合わせガラス」には使えません。


それにしても・・世間のケミカルも進化してますね。

筆者も・・昔は洗車マニアの友人と「ケミカルブラザーズ」?を結成してました。

家庭用から業務用まで・・あらゆるケミカル製品を試して・・バイクや車を磨いてました。

その結果を・・お互い報告しながら・・洗車精度を高めていく・・洗車研究サークル?・・でした。


例えば・・ブレーキキャリパーには「バスマジックリン」が有効だ・・みたいに・・。

専用ケミカルに拘らず・・安く有効な洗剤を探すのです。

洗車も拘ると・・立派な趣味になるのですよ・・。

結成時は20年以上前ですが・・今でもお互い・・洗浄や磨きは・・欠かしてません。

彼の車やバイクは・・いつでもピカピカですから・・。



ちなみに某洋楽グループとは・・一切関係は無いのでヨロシク!

・・BGMとしては聞いてましたけどね・・骨が滑る・・など。    SK








その他のコンテンツもお楽しみください

  面白ページ(筆者の自己満足!)が盛りだくさん!ご覧ください。
広告を入れてない・・から・・好き放題に書きますよ!

ご意見・ご要望は・・お電話で直接どうぞ・・

現在のアクセス数2022年7月末現在  1048660 アクセス

整備工場ホームページランキング 全国2位(754社中)シナジーデザイン株式会社調べ


以下は・・バックナンバーです

カトシンの 自動車コラムの他のページ