小城市 #Z33バージョンニスモ 車検事例・最高のコンディション維持 佐賀県・小城市・協和自動車 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

  • HOME
  • 車検の実例集
  • #Z33バージョンニスモ 車検事例・最高のコンディション維持 佐賀県・小城市・協和自動車

#Z33バージョンニスモ 車検事例・最高のコンディション維持 佐賀県・小城市・協和自動車

 Z33バージョンニスモ車検事例

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

日産Z33フェアレディZバージョンニスモの車検です。

Z33バージョンニスモはオーテックジャパン(日産自動車の別動隊)が手掛けたコンプリートカーで・・・この姿でディーラーで新車販売されてた車です。

なので・・・違法改造車では無く・・・これでノーマルなのです・・・凄いですね。

専用エアロや前後で径の違う鍛造ホイールや専用シート・ボディーの補強まで入った・・・正にフェアレディZの理想形です。

こんな凄い車を触れるのは光栄ですね。

オーナー様の愛情に応えれる様に頑張ります。

 後輪の当り面に出た錆を除去

ディスクブレーキは鉄製なので・・・どうしても錆が出てしまいます。

問題はホイールとの接触面に錆があると・・・ホイールがキレイに付きません。

最悪・・・錆の粉でホイールナットの締め付けトルクが変化してしまいます。

フェアレディZの様なハイパワーマシンの場合は取り付け部の負担も大きいので注意が必要です。

その点鉄ホイールの車は・・・ホイールがしなってトルクを保てますが・・・このZはアルミホイールな上に硬い鍛造ホイール・・・更に幅も広くオフセットも大きいので・・・完全なトルク管理が必要です。

 前輪も処置します

錆の除去はドリルに付けたワイヤーブラシで行います。

ホイールの当り面は当然ですが・・・センターハブ廻りの清掃も重要です。

センターハブはホイールの中心を決める重要な箇所なので・・・。

処理後は、いい感じでキレイになりましたね。

 油圧パワステオイル交換

Z33バージョンニスモは最高のフィーリングを約束する油圧パワステです。

電動パワステの進化も進んでますが・・・いまだに油圧パワステの自然なフィーリングを超える事は難しいのが現実です。

そんな油圧パワステは作動油の管理が重要です。

ATFチェンジャーで油を吸いながら・・補充・・・再び吸いこんで・・・補充を繰り返し事でエアーを噛む事無くオイル交換をします。

作動油を交換しても劇的な変化は少ないですが・・・高価な油圧ポンプを守る為には必要なメンテナンスです。

 デフオイル交換

このZは走行距離が少なめですが・・・デフオイルは物凄く汚れてました。

LSDが効くとデフオイルも汚れるのかな?

全国のZ乗りの皆さんもデフオイルには要注意です。

早めの交換をお勧めしますよ。

 冷却水もリフレッシュ

冷却水も交換します。

3500CCの爆熱を冷やす為には新鮮なLLCが必須です。

漏斗を接続して水面が安定するまで見守ります。

古典的な方法ですが・・・確実です。

 剥がれかけのフロントエンブレム

車検点検整備以外の内容ですが・・・フロントバンパーのエンブレムが浮いてるのを見つけました。

完全にグラグラしてる状態で・・・もしも走行中に剥がれたら・・・危険です。

特にこのエンブレム・・・メタル製で重さもありますので・・・。

軽く引っ張ったら・・・簡単に外れてしまいました・・・怖っ!

 エンブレム貼り直し

周辺を養生してから・・・ゴムで両面テープを剥がします。

窪みの中なので・・・周辺に傷が入らない様に・・・地道に擦ります。

概ね両面テープを落としたら・・・ワックスオフで清掃します。

更にコンパクトで周辺の汚れを落としたら・・・ようやく両面テープが剥がれた事になります。

せっかくのメタル製エンブレムなので・・・エンブレムを磨き上げます。

ピカールを使えるので・・・ピカピカです。

樹脂メッキエンブレムのメッキは弱いので・・・再生しにくいですね。


問題は・・・エンブレム裏は平らですが・・・バンパーは湾曲してます・・・。

きっと・・このせいで剥がれたのでしょう。

そのまま取り付けても・・・再び剥がれるのは明白なので・・・加工です。

曲面に出来るだけフィットする様に・・・見えない箇所で調整します。

更に・・・両面テープの厚みを調整して・・・大分マシになりました。

 各部の清掃とコーティング

ホイールの内側を見たら・・・ブレーキダストで汚れてます。

せっかくタイヤを外してるので・・・拭き拭きします。

お洒落は足元からです。


その後・・・ボディーコーティングを行います。

今回使用するのは・・・ナノファイバーコートです。

非常に良いコーティング剤です。

ツルツルになりますが、ベトベトしない特性が良いです。

ツヤツヤだけどベタベタするコーティング剤は逆に汚れを吸いつけてしまいます。

艶も良くツルツル・サラサラな仕上がりです。

この良い材料を協和自動車の下地処理技術で性能を完全に引き出します。

取説には下地処理剤で洗車後に塗布する旨ですが・・・ポリッシャーで水垢を落とさないと最高の艶になるわけ無いです。

下地処理剤では頑固な水垢は落ちないので・・・塗装を知り尽くした塗装屋さんが最高の下地を作れる所が他社さんとの違いです。

同じ素材を使っても料理人で味が大きく変わるのは・・・皆さんご存じの通りです。

 どうですか・・・頑張りましたよ

最高の車が最高の仕上がりになりました。

納車時にオーナー様も大変喜んで頂けたので・・・こちらも励みになりました。

当社にご依頼頂きまして本当にありがとうございました。


このフェアレディZの様にスタイリッシュな車は磨いてても楽しいです。

屋根の高さも低いのでストレスが少ないのも大きいのですが・・・。

でも・・・これが本音です。

ミニバンの屋根などは・・・脚立に立っての作業になるので大変なんです。

落下の危険性も伴うので作業範囲も欲張れません。

そんな頑張って仕上げた屋根も・・・実質見えません・・・・。


それに比べてスポーツカーの磨きは・・・作業性が良く・・・ボディーの曲面も美しいので磨いていても楽しいのです。

スポーツカーの隠れたメリットは・・・洗車や磨きが楽しくなる点ですね。

皆さん!スポーツカーに乗りましょう!         

道行く車が箱型みたいな車ばかりでは楽しくありませんからね。        SK


1日では読み切れないかも?コンテンツ盛りだくさんのメインページはこちらです。

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

車検の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!