小城市 ★30アルファード30ヴェルファイア ドア分解方法を紹介 佐賀県・小城市・協和自動車 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

  • HOME
  • 故障修理の実例集
  • ★30アルファード30ヴェルファイア ドア分解方法を紹介 佐賀県・小城市・協和自動車

★30アルファード30ヴェルファイア ドア分解方法を紹介 佐賀県・小城市・協和自動車

 30アルヴェルのドア分解方法を紹介します

今回は30アルヴェルのドアの分解を解説いたします。

アルファードも3代目となって高級感がマシマシになりましたね。

高級車のドアを触るとなると怖い予感もするでしょうが、解説するので大丈夫ですよ。

 ガーニッシュを外します

最初にドアの内張に被ってる後部ガーニッシュを外します。

固定ビスなどは無くて、ガラスを全開にしてガラス側から引き出します。

3か所のクリップで止まるので・・・写真を見れば丸わかりですね。

 パワーウインドウ スイッチを外します

パワーウインドウスイッチを外します。

爪で刺さってるだけですが・・・ツルツルな上に固いです。

攻めるなら後端の黄色いクリップ側からが良いでしょう。

樹脂ヘラを複数用意して徐々に隙間を広げて外します。

 肘掛け部分を外します

パワーウインドウスイッチベースが外れたら、ひじ掛け部を外します。

真上に気合一発で簡単に抜き取れます、ビス類も無く比較的緩いので簡単です。

 内装固定ビスを外します

指先に内装固定ビスが見えるので外します。

右側は見にくいですね。

 インサイドドアハンドルの隠しビスを外します

ドアを開けるレバー裏にもビスが隠れてます。

ロックレバー側の隙間から薄い樹脂ヘラでこじるとカバーは外れます。

トヨタ車の定番の仕組みですね。

 フットランプを外します

フットランプも樹脂ヘラでこじると外れます。

コネクターを解除してランプを外します。

 内張を外します

これで固定ビスは全て外れたので内装を引きはがすだけです。

水切りモールの内側は残る構造なので上に持ち上げる必要は無いですよ。

最初に内装の上側からめくってケーブルを外すとトラブルが減らせます。

そしたらロングマイナスドライバーでクリップの固定を解除していきます。

 防水フィルムを外します

防水フィルムを無理に引っ張ると破れるので御注意です。

フィルムをめくりつつブチルゴムをヘラでつついて少しずつ剥がします。

決して焦って一気にやらない事です。

 ドア下部パネル

ドア下部のパネルは内側の黒いカバーの黄色部の爪をマイナスドライバーで解除します。

するとその内側に固定ナットがあるので外す必要があります。

残りはクリップで固定されてるので外側に引きはがします。


10系アルファードオーナーが30アルファードに乗ると???何故か大きく感じます。

高級感を演出する為に包まれ感が大きくなったのが効いてるのか?

フロントガラスが寝ててインパネ上部の前後長が伸びたせいかな?

幅や長さは5センチ大きくなったですが、ホイールベースは10センチ大きくなってるせい?

最小回転半径の数値自体は変化がほぼ無いですが・・・小回りは効かないイメージです。


逆にいえば10系アルファードは見た目以上に乗り易いと言えますね。

慣れれば同じ・・・と言われますが乗り易いに越した事はありません。

車は高い買い物なのでレンタカーなどでのロング試乗がお勧めです。

ディーラーの試乗車では長く乗って30分なので・・・それでは分かりませんよ。

扱いやすい道具には愛着もわきやすいですからね。     SK



無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

故障修理の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!