小城市 #20ウイッシュ HIDヘッドライト チラチラする・・原因は? 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#20ウイッシュ HIDヘッドライト チラチラする・・原因は?

 HIDヘッドライトが・・・

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

20ウイッシュのヘッドライトがチラチラ?チカチカ?してます。

このままですと運転に支障をきたすのは当然ですが・・・。

対向車にとっても非常に迷惑ですね。

当然車検にも不適合なので・・・早急な修理が必要です。

 原因のバーナーです

この手のチラつきの原因は2つ想定されます。

一つは写真の電球(バーナー)の不具合。

もう一つは昇圧機(バラスト)の不具合です。

原因を特定するには・・・電球を正常なテスト品と交換してみて・・・
治ったら電球・・治らなかったら・・・バラストです。

でも極まれに両方共悪い時もあるのが厄介です。


今回は電球の交換でチラつきは解消されたので・・・電球を交換します。

バラストは・・・バンパーを外してからヘッドライトを外す必要があります。
ヘッドライトの下側に固定されてますからね。

なので・・・バラスト交換は工賃が高額になりがちです。

そもそも・・・純正バラスト自体が高額ですが・・・。

 信頼のフィリップス製

今回のトラブルも・・・激安バーナーの不具合です。

オーナー様が交換されて・・・それほど年月は経過してないみたいなので・・・。

やはり・・・激安品の品質は・・・それなりですね。


今回は信頼のフィリップス製バーナーを装着します。

流石に純正品は・・・高価なので・・・。

でもフィリップス製も3年保証なので安心です。

ちゃんと正規ルート品なので・・・3年以内に不具合があったら
仕入れた問屋さんが・・・ちゃんと交換してくれます。

この辺が・・・ネット通販との大きな違いです。

通販購入品の返品手続きは・・・超大変ですからね。


無事に・・・治りましたよ・・・ヘッドライトテスターの
数値も満足いく物でした。

 200クラウンの光量不足も・・・

写真のクラウンはイメージですが・・・。

200系クラウンHIDヘッドライトの光量不足の案件も出てます。

光の量が足りないので・・・車検も不合格です。

原因はヘッドライトをより明るくしようとした結果です???。

 仕様の変更は危険です

写真は・・・スズキ車でハイワッテージHIDに交換した末路です。

通常は35ワットですが・・・50ワット以上にするキットが出てます。

当然・・・交換直後は・・・明るくなります・・・が。

ワット数を上げると・・・熱量も増加するのが問題です。

・・・反射板が熱で焼けてしまうのです!


自動車のロービームは眩しさ防止の為に・・・反射させてます。

その反射板の角度で制御して・・・上側に光が漏れない様にしてるのです。

なので・・・反射板が熱で劣化すると・・・暗くなってしまうのです。


なので・・・HIDのワット数変更は・・・ヘッドライトの寿命を縮めます。

特に・・・プロジェクタータイプは・・・反射板も小さいので・・危険です。


また・・長時間アイドリング中にヘッドライトを点灯し続けるのも危険です。

走行風が当たらないと・・・内部に熱が籠るからです。

当然ですが・・・点灯時間を短くするのがベストですけどね。


まあ・・・ヘッドライトもある意味・・・消耗品なのかもしれませんね。 SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

故障修理の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!