小城市 #E12ノート ラジエーターグリルの外し方 トップパネルも外します 協和自動車・タックス佐賀 第2ホームページ

画像

#E12ノート ラジエーターグリルの外し方 トップパネルも外します

 強敵!ノートのラジエーターグリル

皆さんお元気ですか?バッチリ!カトシンです。

プロの整備士でも厄介なE12ノートのラジエーターグリルです。

ボディー色のトップパネルとラジエーターグリルに分かれてます。

最初にトップパネルで・・・外れたらラジエーターグリルです。


基本的には・・・ハマってるだけですが・・・。

力技で何とかなるのは新車の間だけです。

経年劣化が進んだり・・・寒い時期は・・・

無理に引っ張ると・・・パキッ・・と壊れて・・・お終いです。


バンパー本体も・・ラジエーターグリルを外さないと外れません。

ノートの整備では・・・避けて通れない道なのです。

 ボディー色のパネルから外します

先ずは・・・トップパネルからです。

写真の箇所のクリップ5か所を外します。

これで・・・隙間が作れます。

 隙間から攻撃します

トップパネルを開くと・・・隙間から勘合部が見えます。

でも・・・見えるのは両端だけです。

その両端をロングマイナスドライバーで・・こじ開きます。

すると・・・中心部もつられて外れます。

ここも・・・力技では厳しい箇所です。

シリコンスプレーで爪の滑りを良くするのも手です。

 下側に6か所です

無事に外れましたね・・・。

裏側を見ると・・6か所の固定部が見えます。

 いよいよラジエーターグリルと勝負します

最初は・・・黄色〇部のクリップを解除します。

マイナスドライバーで回すと・・・簡単に外れます。

取り付け時は・・・クリップをグリル側に移しておきます。

次は・・緑〇部です。

隙間から緑色の脱着式クリップが見えます。

ここも・・・ロングマイナスドライバーでこじり・・解除です。

ここでは左右両方共に外しておきましょう。


次からは・・・運転席側から攻めます。

 右側は手が入ります

運転席側の黒いガーニッシュから生えてる爪を解除です。

運転席側は・・・頑張れば手で直接爪を解除できます。

手探りで・・・頑張りましょう。

 この箇所も手が入ります

次は・・ガーニッシュの中間部です。

ここも何とか手が入ります。

爪の突起部を押して解除できます。

順番的には・・・反時計回りに作業します。

 下側の4か所です

次は・・下の4か所です。

此処は・・バンパーの隙間から・・爪が見えます。

指で押すなり・・マイナスドライバーで押すなりして解除しましょう。

これで・・残すは助手席側だけですね。

 特殊工具が便利です

実は・・・助手席側の爪の解除が一番厄介です。

ラジエーターが助手席側にオフセットしてるからです。

黄色〇部は・・写真の様な自作工具が便利です。

ラジオアンテナの先端を曲げた物です。

この工具?で隙間から爪を引き上げて・・解除しました。


問題は・・・最後の赤〇部です・・・。

正直・・・上手い解除方法はありません。

なので・・シリコンスプレーで滑りを良くしておいて・・。

ラジエーターグリル自体を真っ直ぐ上方向に力をかけつつ・・。

引っ張って・・取り外しました。

ガーニッシュに丈夫な糸を引っ掛けて・・引っ張っても良いです。

 無事に外れましたよ

強敵ラジエーターグリルも無事に外れましたね・・・。

ここまでの作業を行わないと・・・。

バンパーを固定してるクリップに到達できません・・・。

ホーント・・大変ですね。


因みに・・バンパー下部に付くメッキガーニッシュは・・・。

爪で固定のフリをして・・実質は両面テープ固定です・・。

しかも・・・非常に奥まった位置なので・・・。

両面テープの貼り直しも困難を極めます。

見積もり時には御注意くださいね。


何故・・グリルを外すだけで・・こんなに大変なのでしょうか?

取り付け時・・・メーカーラインでの組み立て時に・・・

押し込むだけなので・・・組み付け時間が非常に速いからです。

新車組み立て時の・・たった10秒程を稼ぐ為に・・・。

グリルを外す時は・・・非常に苦しむ事になってます。

もっと・・考えて設計して欲しいですね・・・。    SK

無料のご相談はこちらからお気軽に

トップページに戻る

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0952-73-2411
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

故障修理の実例集の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!